ビターチョコレートが太陽で溶ける頃に

作品番号 1562574
最終更新 2019/06/16

ビターチョコレートが太陽で溶ける頃に
恋愛・青春

7ページ

総文字数/64,163

ランクイン履歴:総合89位 (2019/06/16)

カカオ80%のビターチョコレートのように
苦くて甘い情熱的で刺激的な夜

それに合わせるならマルティニーク
くらっと目眩がするほどに美しい
より引き立てるそれが染み渡る

ああこのままいっそ溶けてしまえたら
甘い綿菓子がしゅわっと消えてなくなるように
君の中に溶けてしまいたい
あらすじ
 過労と貧血で受験生の紺野那月は倒れてしまう。救急車で病院へ向かうとそこには一人の男性がいて、どうやら救急車に同乗してくれたらしい。名前だけ教えてもらった那月は運命的な出会いや再会に次第に惹かれていくが、その男性の正体は分からないままだった。
 世間知らずの雛鳥が恋をして少しずつ大人の階段を登っていく。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop