君の夜になってあげる

作品番号 1560849
最終更新 2019/06/02

君の夜になってあげる
恋愛・青春

10ページ

総文字数/8,750

時々、苦しそうに笑う彼を見る度に、
自分の弱さに苛立った。

「大丈夫だから。」
その言葉は嘘だと知っている。

同居の際に出した条件は、
自分を守る為の盾だったつもりが、
彼を助ける手段を失わせた。

臆病な私は、その条件に踏み入れられない。

だから、君が助けを求める瞬間を
只々傍で黙って待っているから。

お願いだから、その苦しみを
私に分けて欲しい。

君が壊れてしまう前に…。
あらすじ
Web制作会社のデザイナー・伊織。伊織の弟の友人・ハル。地元を離れた街で2人は再会する。
ある日、仕事帰りの潤は、ネットカフェに入るハルを目撃する。目撃した後も何度か食事を重ねていたが、会う度にやつれていくハルに耐えきれず、”干渉しないこと”を条件に、半ば強制的な同居を始めた。
友達以上恋人未満。そんな曖昧な関係を続けていたある日、ハルが目の前から姿を消したのだった。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop