午前零時を過ぎて

作品番号 1560456
最終更新 2019/05/26

午前零時を過ぎて
恋愛・青春

1ページ

総文字数/6,842

週末の午前零時を過ぎると、僕は動き出す。

中学生の僕は、深夜に両親の目を盗んで家を抜け出していく。

約束もない、確証もない。

だけど、会えることを期待して、僕は夜の中を進む。

君が、今日もそこにいると。
あらすじ
週末の午前零時を過ぎると、僕は動き出す。

中学生の僕は、深夜に両親の目を盗んで家を抜け出していく。

約束もない、確証もない。

だけど、会えることを期待して、僕は夜の中を進む。

君が、今日もそこにいると。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop