罪を犯した織姫と、傷を背負った彦星は。

作品番号 1556847
最終更新 2019/05/18

罪を犯した織姫と、傷を背負った彦星は。
恋愛・青春

8ページ

総文字数/2,716

ずっと、ずっと

【貴方の】【君の】

隣に居たかった。



願わくば

【貴方の】【君の】

笑顔の理由が

【私で】【俺で】

ありたかった。


でも

【貴方は】【君は】

もう二度と

【私の】【俺の】

顔なんて見たくないだろう。


だって

【大切な人の】

笑顔を奪ったのは

【私だ】【俺だ】

から。

あらすじ
もしも、パラレルワールドがあったなら、あなたはいつの自分に戻って、今をやり直しますか?

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop