やばい、寝坊した。

今日は超有名アイドルの、グラビア撮影だってのに。
やっと掴んだチャンス。カメラマンとして名を上げるための大事な仕事なのだ。

俺はベッドから飛び起きて、猛ダッシュで支度すると、商売道具が入った重いカメラバッグを担ぎ上げた。

「あなた、朝ごはんは?」

ベッドから半身を起こした美咲が、目を擦りながら眠そうな顔で俺を見る。

「いいよ、どっかコンビニでも寄って買うよ」

美咲が作る絶品のスクランブルエッグを食べたいが……
家で朝食を済ませてから仕事行くのが習慣になっているので、どこか落ち着かない気もする。

美咲と朝食を一緒に食べるのは、これまで当たり前のように続けて来た、日常の一部でもあった。
それを欠くのは、ゲン担ぎじゃないけど、何か良くない事が起きるような、そんな引っかかりを覚える。

「じゃあ、行って来るよ」

「気をつけてね」

玄関のドアを開けたとたん、薄暗い曇天の空から冷たい木枯らしがびゅっと吹き付け、思わず身震いした。
吐く息も白い。このところ、急に冷え込みが増してきた。

もうすぐ12月。
俺は冬が苦手だ。寒いとハヤブサに乗るのも辛いのだ。

両手をこすり合わせて暖めながら、エレベーターに乗り込む。

腕時計を見ると、7時すぎ。
三鷹から代官山のスタジオまで、電車で40分くらいか。
スタジオ入りは8時だから、ぎりぎり間に合いそうだ。

4階で、がこんと音を立ててエレベーターが止まった。
ドアが開いて男が乗り込んで来る。

「やあ、おはよう」

その声に、どこか違和感を感じながら顔を上げたとたん、俺は固まった。

目の前に……

俺がいる。

髪型、顔かたち、体型。
まるで鏡を見ているようだ。
そして、その声までも、俺の声にそっくりだ。

「なっ!?」

「お久しぶりだね」

にやついた表情で、すぐに気がついた。

あいつだ。

ついに、目や声帯までも整形したのか。
どこからどう見ても、「俺」そのものに変貌していた。

エレベーターの扉が閉まり、がこんと動き出す。

「ど、どういうつもりだ!」

俺は身構えて、あいつを睨みつけた。

「ついに、この時がやってきたってことかな」

あいつは、にやにやした表情を顔に貼り付けたまま、エレベーターの緊急停止ボタンを押した。
ふたたび、がこんと音を立てて、エレベーターが2階付近で停止する。

「何をする……?」

「楽しいショーの開幕だよ」

そう言いながらゆっくりと、ポケットから何かを取り出した。
赤いボタンが付いた小さな黒い箱だ。

「それは何だ」

「君の人生を変えるスイッチさ」

あいつは片側の口角を吊り上げて不気味な笑みを見せると、赤いボタンをポチっと押した。

そのとたん、耳をつんざくようなドカンという轟音とともに、エレベーター全体が激しく揺れ動き。

そのまま落下した。

一瞬の後、激しい衝撃とともに、あいつと重なり合うようにエレベーターの床に叩き付けられ。

俺の意識は、そこでぷつんと途絶えた。

◇◇◇

ゆっくりと目を開ける。

頭の中は、まだ霞がかかっているようだ。
ぼんやりとしていて状況が飲み込めない。

そこは薄暗く、さほど広くない部屋の一室だった。
壁の上の方に小さな窓があり、そこから僅かに陽の光が差し込んでいるが、この位置からだと外の様子はうかがえない。
反対側の壁には、ドアノブの付いた扉がある。

部屋の中央に置かれた、木製の肘掛け椅子。
そこに、俺は手足をロープで縛られた状態で座っていた。

目の前には、なぜか大型の液晶モニタ。
電源は入っておらず、何も映し出されていない。

それ以外、部屋の中には何もなく、がらんとしている。
くすんだコンクリートの白い壁は、ところどころ染みやひびが見られ、ここは、ある程度年数が経った建物の中のようだ。

今、何時だろう。

腕時計を見ようとして、無くなっている事に気がついた。
誕生日に美咲からもらった、大切な腕時計なのに。

体を動かそうとするが、椅子にきつく縛り付けられていて、びくとも動かない。
椅子自体も床に固定されているようだ。

エレベーターの床に叩き付けられた時に打ち付けたのか、頭と腰が痛む。

「おーい」

大声を上げてみた。

「おーい、誰かいますかー」

だが、あたりはしんとしていて、何の反応も返ってこない。
窓から微かに、外を行き交う車の走行音が聞こえるだけだ。

なんだ。
これは、いったいなんなんだ。

あいつに、嵌められたのか。

考えを巡らせていると、突然、モニタの電源が入った。

映し出されたのは、ベッドに横たわる包帯が巻かれた男の頭。
そして、ベッド周辺に置かれた計器やら点滴やら。

どうやら、そこは病室らしい。
カメラはベッドの枕元に置かれているらしく、広角レンズで病室全体を映し出していた。


頭が動き、ベッドに横たわったまま、ゆっくりとカメラの方に向き直る。

そこには、俺の顔をした、あいつがいた。

『やあ、そっちの居心地はどうかな?』

俺は思わずモニタに向って、怒りを込めて叫んだ。

「おいっ!どういうつもりだっ!」

あいつは、片手を耳に当て、うんうんと頷く仕草をする。

『なるほどなるほど。怒っているようだね。だけど、ごめん。そっちにはマイクがないから何も聞こえないんだ』

あいつは毛布から手を出して、腕時計を眺める。
俺の腕時計だ。

『あ、これね。貰っておいたから。君のスマホや財布もね。これで俺はすっかり葉山浩介、だね』

ふざけるな!とモニタに向って叫ぶが、あいつには届かない。

『いやあ、大変な『事故』だったね。まあ、あのマンションのエレベーターは元からガタがきてたから、落下事故が起きても不思議は無いよね。仕掛けがあったなんて、誰も疑わないよ。さてさて、お楽しみはこれからだ。よーく見ててね』

あいつはカメラに向ってウインクすると、仰向けに寝転がる。
そこへ、手に袋を持った美咲が心配そうな顔で病室に入って来た。

『とりあえず売店でタオルとか日用品、買って来たよ。どう、痛みは?』

『うん、頭がちょっと痛むけど、大丈夫だよ』

美咲はベッド脇の椅子に腰を下ろし、涙ぐんでいる。

『ホントに心配したんだから、あなた』

違う!
そいつは、俺じゃないんだ!

『ただ、頭打ったせいか、記憶がちょっと曖昧なんだよな。勿論、美咲のことは覚えてるけど、他の事を思い出そうとすると、霞がかかっているというか、何も思い出せない』

白衣を着た医者が、病室に入って来た。
いや、医者じゃない。

ボサボサの髪の毛。ひっきりなしにぎょろりとした目を動かしている。

こいつは、殺し屋派遣ネットショップの『ニセ医者』だ。
カナが入院した時に襲って来た、ヘタレの殺し屋。

『や、や、や。ぐ、ぐ、ぐ、具合はど、ど、ど、どうですか』

美咲がニセ医者に頭を下げて挨拶する。
当然ながら偽者だと知るはずもない。

『先生、このひと記憶を無くしているみたいなんです。大丈夫なんでしょうか』

『あ、あ、あ、あ、頭を打ちましたからね。おそらく、いちいちいち、いち時的な記憶障害でしょう』

『治るんでしょうか』

『な、な、な、治りますとも! いや、治らないかも!』

どっちなんだよ。

『と、と、と、とにかく。軽い打撲はありますが、骨折とか内蔵損傷は見られないので、に、に、に、にさん日で退院できるでしょう! 』

よかった、と美咲が胸を撫で下ろす。
ニセ医者は、軽く頭を下げると、かくかくした動きで病室を出て行った。

『……美咲、ごめんな。心配かけて』

あいつが、しおらしく美咲に声を掛ける。
美咲は不安そうに、あいつをじっと見つめていた。

『……こっちへ、おいで』

あいつが両手を伸ばすと、美咲はゆっくりと立ち上がり、その腕の中に体を沈み込ませる。

や、やめろ。
やめてくれ!

そして、あいつは美咲の髪を撫でながら、もう片方の手を顎にそっと添えると、顔を寄せ。

美咲にキスをした。

それは濃厚な、長い長いディープキス。

なんで、こんなことが……

次の瞬間、モニタの映像はぷつんと切れて、真っ暗になった。

俺は、頭の中が真っ白だった。

ロープをほどこうと必死に手を動かしてみるが、びくともしない。

気がおかしくなりそうになりながらバタバタもがいていると、ふいに、モニタが再度ついた。

『やあ』

あいつだ。
美咲の姿は見えない。

『君と話したいから、美咲ちゃんには水を買いに行ってもらったよ。あれ、とっても怒ってるかい? そうだよねえ、暴れたい気持ちもわかるよ。でも、これでわかったかな? 君と俺は、完全に入れ替わったってことをさ。そうそう、美咲ちゃんの唇、やわらかくって最高だね!』

モニタの中のあいつは、バカにしたように舌を出す。

『さて、ここまでは前菜。実はここからが、最大の見せ場なんだ。だから、チャンネルはそのままでね!』

しばらくして、ペットボトルを手にした美咲が病室に戻って来た。

『はい』

『ありがとう、美咲』

ペットボトルを受け取りながら、あいつが妙にしおらしく答える。

『……あのさ、美咲』

『なに、なんか他に欲しいものある?』

『いや、そうじゃないんだ。実は、色々思い出して来た。それでな、美咲にどうしても話さなきゃいけないことがある』

『どうしたの、改まって』

あいつはそこで一旦口をつぐむと、目線を美咲から背けた。

『何よ、話してよ』

美咲は少し不安そうな目で、あいつをじっと見つめてる。
やがて、あいつの口から発せられた言葉に、俺の心臓は跳ね上がった。

『美咲、別れよう……』

美咲は、驚いた表情で声を上げる。

『え、どういうこと!?』

『これまでずっと、言えなかった。実は他に好きな子ができたんだ』

『ちょっと、冗談はやめてよ』

『本当だ。だからもう、美咲と一緒にいることはできない』

『そんな……』

美咲は目を大きく見開き、口が半開きになっている。
それは、俺も同じだった。

『カナっていうんだ。女子高生だよ。夏から付き合っている』

『女子高生? あなた、何を言ってるの?』

『美咲が知らないところで、ずっと会ってたのさ。もう、隠れて付き合うのは限界なんだ。俺はカナを愛している。だから、美咲とはこれで終わりなんだ』

美咲の目から大粒の涙がこぼれ落ちた。

『ねえ、あなた。嘘だと言って。冗談だって言ってよ……』

『美咲、本当にすまない。これまでありがとう』

あいつは、キッパリとした口調でそう言い放つと、全てをシャットアウトするように顔を背ける。

美咲は涙をぬぐおうともせず、暫くあいつを見つめていた。
そして、二、三歩後ずさりすると、踵を返し、俯きながら早足で病室を出て行った。

モニタ越しのその空間で、今、この瞬間、目に見えない大切なものがなくなってしまった。
映し出される画像に変化はないのに、明らかに、そこから消え失せたものがある。

俺は、放心状態でその様を眺めていた。

いつしか、モニタの電源が切れたのにも気づかずに。

◇◇◇

あれから、何時間経っただろう。

俺はずっと、考えていた。

あいつは、美咲のストーカーだった。
周到な計画を立てて俺と入れ替わり、ついに美咲を手に入れた。
思いを遂げたんだ。

しかし、その直後にあいつは美咲に別れを告げた。

なぜなんだ。

すぐに別れるのなら、なぜこれほど長期間に渡ってストーキングしてたんだ?

わからない。

ロープが食い込んだ手首からは、血が滲んでいた。
だが、痛みは感じない。
俺はすっかり脱力感に包まれ、全ての感覚が失われつつあった。

ぷつんと音がして、ふたたびモニタの電源がつき、あいつの声が耳に飛び込んで来た。

俺に向って話しかけているのかと思ったが、そうではない。
大声で電話を掛けていた。

『……もしもし、『バイク買い取り宇宙ナンバーワン、超高価買い取り、即日ニコニコ現金払いのバイクキング』さんですか? バイクを売りたいんすけど。てか、タダでいいんで、すぐに持ってってもらえます? ハヤブサってバイクです。とっとと処分したいんです、はい。住所は……』

病室の入り口に佇んでいる人影が目に入った。

制服姿のカナだった。

カナは心配そうに眉を歪め、もじもじしながら、ゆっくりとあいつに近づく。
あいつは電話を終えると、カナの姿に気づいた。

『なんだ、おまえか』

『……具合、どうなのさ』

『別に? なんでもない』

あいつは、そっけなく答える。

カナは後ろ手で持っていた紙の包みを、あいつに差し出した。

『なんだ、それは』

『……福神漬け』

『なんで、福神漬けなんだ』

『好きだって言ってたから』

確か前に、カレーの付け合わせに福神漬けは最高だ、と言った覚えがあるが。
福神漬けだけ持って来るところが、いかにもカナらしい。

『そんなものは、いらん』

あいつは、差し出された袋をはねのけた。
カナは床に散らばった福神漬けに目を落とす。

『どうした、オジサン』

『ふん、どうもしねえよ』

『また、記憶なくしたとか?』

『そんなわけねえだろ』

『なんか、雰囲気が違う』

『当たり前だろ? エレベーターが落下したんだ。叩き付けられて、からだ中が痛いんだよ!』

カナは心配そうに、大きな目でじっとあいつを見つめている。

『……ハヤブサ、売っちゃうの?』

『あんなもん、もう必要ない。飽きたのさ』

『ずっと大事にしてたじゃん』

『うるさいな、大きなお世話だ。この際だからついでに言ってやる。おまえにもうんざりなんだ。これまでおまえに関わって、ろくな事がなかった。もう、こりごりだ』

あいつはカナを睨みつけ、吐き捨てるように言った。

『……オジサン、本気で言ってる?』

『ああ、本気だとも! ずっと迷惑してたんだ。いつまでも俺のまわりをうろちょろしやがって、目障りにもほどがある。これ以上、おまえのお遊びに付き合いきれん』

『……』

『だいたい、俺がおまえのことなんか、好きなはずないだろうが』

カナは無表情だった。
いや、俺にはわかる。
あいつは、すごくショックを受けている。

『……わかった。本当にこれまで、かたじけなかった』

かたじけない、の使い方が、間違ってる。

『ああ、二度と顔を見せるなよ』

カナはごそごそとカバンからアマテラス猫のお守りを取り外すと、あいつに突き出した。

『なんだ、これは? 』

『……』

『こんなもん、いるかよ!』

あいつは、お守りをひっ掴むと、病室の奥へと放り投げた。

カナは床に転がったお守りを、暫くじっと見つめていた。
そして、何も言わずに、病室から駆け出ていった。

◇◇◇

小窓が強い風で、カタカタと鳴り続けている。
この部屋の唯一の光源であるが、その明るさも次第に弱まりつつあった。

あれから、どれだけ時間が経過したのか。

不思議と喉が乾いたり、腹が減ったりとか、トイレへ行きたいといった生理的な感覚が湧いてこない。

人間、とことん追いつめられると麻痺するらしい。

あいつは、俺から美咲を奪った。

そして、カナ。

ハヤブサまでも。

大事な仕事も、すっぽかすこととなってしまったので、もう二度とこんなチャンスは巡ってこないだろう。

全てを失った。

やれやれ。

こんな最悪な状況なのに頭に浮かんだ言葉は、それだけだった。
怒りや、悲しみや、悔しさや、絶望。ありとあらゆる負の感情を超越した言葉。

「やれやれ、だ」

口に出してみると、心なしか気分が少し和らいだように感じる。

目の前のモニタはついたままだ。
スマホのメール画面が、映しだされている。

----------------------------------------------------------
件名:【殺し屋】発送のお知らせ

本文:

毎度ありがとうございます、【殺し屋】派遣ネットショップです。

【葉山浩介】様よりご注文頂きました【殺し屋】を本日発送しましたので、お知らせします。

お届け予定時間:1時間以内

お届け先:【あなた】

お届けする【殺し屋】:ゆるキャラ

返品、交換は一切受け付けられませんのでご了承ください。
ご不明な点につきましては、【葉山浩介】様にお問い合わせください。

またのご利用をお待ちしております。

※このメールアドレスは配信専用です。このメッセージに返信されても回答しかねます。

----------------------------------------------------------

やれやれ。

もう、どうにでもなれ。

ガチャリ、とドアノブを回す音がした。
ひさびさに感じる、人の気配。いや、凶悪なペンギンか。

ドアがゆっくりと開いて姿を見せたのは、やはりというか、毛むくじゃらの巨大な着ぐるみだった。

「ちーっす」

愛らしい大きな瞳のペンギンから発せられる、だるそうな声。
手には魚の形をした鈍器。

その凶器をくるくると振り回しながら、奴はゆっくりと俺に近づく。

「配達に伺いましたー」

俺は、目の前にそびえ立つペンギンを見上げた。

「ああ、とっとと済ましてくれ」

「まじっすか。今日はずいぶん素直っすね」

「もう、どうでもいいのさ」

「駄目っすよ、人間、最後まで生きるために必死でもがかねえと。『死中求活』って言うでしょ。アーネスト・ヘミングウェイも言ってたじゃねえっすか、『世界は美しい、戦う価値がある』ってね」

殺し屋に、説教される俺って。
てか、意外と博識なんだな。

ペンギンは頭を傾げると、ふうと息をつき、ゆっくりと魚を振り上げる。

俺は目を瞑った。
これで終わりだ。何もかも。

耳元で、びゅっと言う鋭い風切り音が聞こえた。

そして、激しい破壊音。

あれ?

目を開けると、粉々に破壊されたモニタが床に転がっていた。
予期せぬ攻撃に驚いたかの如く、画面がぱちぱちと点滅していたが、やがてすっかりその機能を停止した。

なにがなんだか、わからない。

ペンギンは、壊れたモニタをつぶらな瞳でじっと眺め、やがて魚を放り投げた。

「……どういうことだ?」

「埼玉に新しいアミューズメント施設ができるの知ってます? 『ゆるキャラドリームランド』って言って、全国のマイナーゆるキャラが集結するんすよ」

話しながら、だるそうに頭をぐるぐる回すペンギン。
ポキポキと音が鳴る。

「俺、そこに採用されたんす」

「それは……おめでとう」

「なので、もうこんな稼業は辞めるんだ、俺」

いつしか、着ぐるみから発せられる凶悪なオーラが、消え失せていた。

「ゆるキャラなんか、もうオワコンだからこの先どうなるかわかんねえっすけど、とりあえず精一杯やってみるっす。あんたも何をされたのか知らんけど、頑張って生きて下さいよ。『人間万事塞翁が馬』ってね。いいことも悪い事も、いろんな事が待ってるのが人生ってやつっすよ。あきらめちゃ終わりだ」

着ぐるみは俺を見下ろしながら、相変わらず気だるそうな話し方でそう言った後、肩をすくめてドアへと向って行った。

俺はその背中に向けて声を掛ける。

「……おい、あのさ」

「なんすか?」

「どうせ助けるなら、このロープも解いてくれないか?」