星降る丘でキミを憶う

作品番号 1414828
最終更新 2018/09/20

星降る丘でキミを憶う
その他

332ページ

総文字数/ 87,453

ー俺が好きになったのは幽霊でした。


なんの変哲もない、いつもと同じ日常。

充実していて不自由もなく不満もなく、同じ日々を繰り返す俺の前に現れたのは幽霊だった。

偶然拾った幽霊の女の子と、その子を成仏させるために生活を共にすることになった俺。

自由人なシヅキに振り回されながら、次第にシヅキのことを意識するようになるが。

だけどどんなに想っても二人の間に流れる時間は終わりへと向かうばかりで。

「どうして俺たちには終わりしかないのだろう」
「どうして俺たちには未来がない」


感動のラストを是非ご覧いただければ幸いです。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

すみません。
あのもう少し間を空けてみたらどうでしょうか。
文と文の間です。

高槻@さん
2017/03/09 14:52

この作品のかんたん感想

すべての感想数:2

この作品をシェア

pagetop