満月の夜、君に出逢って溺れるほどの恋に落ちた。

作品番号 1709401
最終更新 2024/02/07

満月の夜、君に出逢って溺れるほどの恋に落ちた。
青春・恋愛

10ページ

総文字数/ 4,436


この世界には吸血鬼がいるという。


見た目では判断がつかない。


でも、それはよかったのかもしれない。


吸血鬼は恐れられる存在で、吸血鬼だとバレたらその吸血鬼は拘束される。


たとえ、人間に危害を加えていないとしても……



《吸血鬼の特徴》

1、見た目では判断がつかない

2、満月の夜になると、吸血欲が異様に高まる

3、血が足りないと暴走する



とある満月の夜……


「大丈夫ですか?」


ぐったりとしゃがみ込んでいる吸血鬼がいた。


―――そんな吸血鬼に少女が話しかけて。


「また来る」


そこから、吸血鬼と少女はいい関係を築いていった。


しかし、吸血鬼と人間のいい関係がいつまでも続くはずがない。


「来ないで、月」


「俺は月を傷つけたくない」


暴走状態となった吸血鬼ははっきり言って危険だ。


それでも、少女は一緒にいる道を選んだ。


「私は蒼李君と一緒にいたいの……」


「ごめん、月……俺も月と一緒にいたい」


強がっていた吸血鬼は本音を語り。


吸血鬼と少女の距離は一気にゼロになった……


「俺、月のこと好きを超えて愛してるよ」


「私も蒼李君のことを愛してるよ」


お互いがお互いを想っている2人の恋は永遠に……



  ==========================

 【癒やし系美少女、吸血鬼が苦手】

   柚木月 -Yuduki Runa-

        ×

【孤独な吸血鬼、月の血を求める】

檜山蒼李 -Hiyama Aori-

  ==========================


癒やし系美少女×孤独な美形吸血鬼の切なくも甘いラブストーリー♡







素敵な表紙は凍結済み様からいただきました



この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop