せめて、君の未来が決まるまで

青春・恋愛

佐倉璃澄/著
せめて、君の未来が決まるまで
作品番号
1692116
最終更新
2024/02/22
総文字数
5,040
ページ数
2ページ
ステータス
未完結
いいね数
3

この作品を読むにはパスワードの入力が必要です。

あらすじ
何となくの生活を続けている小学六年生の新井結凪(あらいゆな)は、悩みを抱えていた。それは担任の太田峻也(おおたしゅんや)が怖いということ。結凪には彼氏がいたが、相談していなかった。自分の事を正直に言えないのは彼氏じゃないと思い別れを告げた。そんな結凪を心配していた畠中琉星(はたなかりゅうせい)はいつも結凪を助けてくれた。そんな琉星に心奪われた結凪はもっと近い距離で自分を守ってもらおうとしたが

目次

    • ある夜の話

    • 人が怖い

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop