僕は夢を見る。そして、君は現実を唄う

作品番号 1667845
最終更新 2022/05/10

僕は夢を見る。そして、君は現実を唄う
青春・恋愛

2ページ

総文字数/ 5,545

この作品は感性や感情を大切にしたものとなっています。

複雑な人の情緒、辛かった、逃げ出したい。価値観の違い。自分の不甲斐なさ、どこへぶつけたらいいのか分からなくなった怒り。
誰にも見せない一面を晒すことへの恐怖。

決して一言では表せないものばかりだと思います。

そんな今を生きる皆様に送りたい作品です。
あらすじ
新は兄の死をきっかけに心を閉ざしてしまう。何にも興味が持てず、何か新しいことをするのを嫌い、人を好きになることすらも拒絶する毎日。現実からも目を背け、死んでしまおうかと思うことすらあった。そんな新を米村先生は生徒会副会長に強引に引き込んだ。そこで学校の会長をしている唄と知り合う。
 唄には友人すら知らない秘密があった。それをあることを機に知ることになり二人の関係はどんどん深まっていく――。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop