あの夏の日の君を思い出す。

作品番号 1666340
最終更新 2022/04/21

あの夏の日の君を思い出す。
成瀬/著
青春・恋愛

0ページ

総文字数/ 0

君のことがいつまでも忘れられなくて。
君の可笑しそうに笑う顔が、物静かに喋る声が、見透かすように私を捕らえる瞳が__


鮮明に私の中に刻み込まれているんだ。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop