「シュンさん!」


あの弾むような声が僕を呼ぶ。
咲き乱れる桜の中から、彼女がこちらへと手を伸ばす。


本当は、わかっている。
これは夢だと、僕は知っている。


けれど気づいてしまわないように笑顔をつくって。
目が覚めてしまわないように、僕は彼女へと手を伸ばした。


刹那、西の地平線に日が沈む。


彼女が淡く光って消える。


空が暗転する。





目覚めるとそこは六畳一間。むくりと起き上がってベッドサイドのティッシュを掴んだ。涙を拭いて、鼻をかむ。
時計を見やれば、時刻はまだ朝の四時だった。
えらく早起きしてしまった。けれどこうして一度目が覚めてしまうと、もう寝付けないことを僕は知っていた。


のろのろと淹れたコーヒーを片手にベランダに出て、朝日がじんわりと登っていくのを見届けた。まだ少し肌寒い朝の空気が、僕の肺を満たしては熱を奪った。
今日もどこかで天使達が、誰かの願いを叶えようと奮闘しているんだろうか、なんて思いを馳せてみる。


このまま時が止まってしまえばいいと、どれだけ願ったところで、やっぱり日は登っては沈むことを繰り返す。時は刻一刻と過ぎていく。
だから僕は今日も、このコーヒーカップを洗って、身支度をして、仕事に向かう。





「おはようございます」

「おはよー」


あれから僕は大学を卒業して、広告代理店に就職した。なんとなく忙しそうなイメージがあって、それでこの業界を選んだのだ。
日々慌ただしいような、ひっきりなしに色々な人と関わっていなくてはいけないような、そんな環境に身を置く方が良いような気がして。


「斉藤くん。今度の打ち合わせなんだけど、先方にお渡しする資料の作成お願いしてもいいかな?」

「はい、もちろんです」


ほら、今日もまた。席に着くや否や仕事を振られる。これでも繁忙期は先週過ぎ去った所だった。


カラカラカラと音がして、僕の席までオフィスチェアに乗ったままの先輩がすーっと滑ってきた。その膝にはパソコンが乗せられている。


「あとさ、斉藤くん。めちゃくちゃ有給たまってるけど、申請しないの?こういうのは使っちゃわないと勿体無いよー?」

「あぁ...有給、ですか」

「うんうん、使わないでいると自動的に失効しちゃうんだから」


パソコンの画面を僕に見せながらそう言った清見さんは、僕より三つ上の先輩だ。入社してからこの一年間、一番近くでとても良く僕の面倒を見てくださった人だった。彼女が一から丁寧に教えてくれたおかげで僕は、この一年である程度は使える後輩になれたと思う。けれどいかんせん先輩はこんな風に...


「ほらほらこれ、今年?去年...だっけ?からさ、こうやってウェブで申請するようになったのよ。ログインしてさ、もう今取っちゃったら?今逃したらまたしばらくまた忙しくなるよー?」


少しお節介なところがある。まぁ決して外交的とは言えない僕の上司としては、彼女くらい世話好きな人で有り難かったような気もするけれど。





「私のお節介はね、きっと前世からなの」


それが清見さんの口癖だった。


「特に斉藤くんはね、何だかほっとけないっていうか。弟?...っていうより...妹の所に婿入りしてきた義理の弟!みたいな、そんな感じがするのよねー」

「先輩、妹さんいらしたんですか?」

「へ?いないわよ?」

「え...」

「うーん、直属の後輩を任されたの、斉藤くんが初めてだったからかなー。なんかそんな感じがするの!...あ、鬱陶しいって思ったら言ってね!まぁ癖みたいなもんだから、やめられそーにないけど!」


そう言って彼女はガハハと笑いながら、僕の背中を豪快に叩くのだ。





「いでっ!」

「なーに!どうしちゃったの?パスワード忘れちゃった?」

「あぁ...」

「ふふふ、って、あ!別に私のパソコンでやるこたーないわよね!URL送っとくから、そこからちゃんと申請するんだよー?」

「あ、はい」


そう言い残すと、先輩はまたしゅーんと自分の席へと滑って戻って行った。
さすが仕事の早い先輩だ、URLは一分と待たずに社用チャットを通して僕の手元に送られてきた。


こうして先輩が言ってくれた手前、休みを取らないわけにはいかないような気がして。それで僕はこの会社に入って初めての有給を取ることになった。ちょうど次の会議が終わってしまえば、本格的に業務が落ち着くような頃合いだった。
僕の休みは、実に九連休にもなった。





「いいねいいね!思いっきり楽しんでくるんだぞー、青年!」


そうやって賑やかに送り出されて、僕の九連休は幕を開けた。定時で上がった帰り道が少し、特別に見えないこともなかった。
それでも僕はいつも通り、近所のスーパーで買った割引の唐揚げをビールで流し込んで、いつも通りの時間に眠りについたのだった。


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎


「九連休、かぁ...」


それだけ休みがあっても、特段したいことというのはなかった。そのくせ僕はまたあの夢に、日が昇るより随分前に揺り起こされてしまうのだ。


朝焼けの眩しいベランダで、僕はコーヒーの湯気をくゆらせながら忙しく起き出す街を眺めていた。学生の頃はからっきし飲まなかったコーヒーも、もう癖になってしまっていた。


「流石に何か...しないとな」


就職してから今日まで、ほとんど休みなく働いてきた。かといって絵の道を諦めたわけではなかった。日々に隙間を見つけては、キャンバスに向き合うことはやめていなかった。
けれど、なんだか今はそんな気分じゃなかった。六畳一間をインクの匂いで満たすような、そんな気分にはなれなかった。


そう、六畳一間。僕は就職して一年が経った今でも変わらず、大学の近くのこの部屋に住んでいる。
広告代理の営業といえば一年目にしては稼ぎはそれなりによくて、だからもっといい部屋に引っ越したっていいのだけれど。それでもやっぱり僕は、彼女との一か月が詰まったこの場所から抜け出せずにいた。


「何か...か」


ため息をひとつ。ベランダの柵に背を預けると、窓枠の中に僕の部屋が映った。朝焼けが差し込みオレンジに染まったその部屋は、まるで一枚の絵のようで。


あの日のことを、思い出した。僕が初めて彼女にキスをした、茜色の夕暮れのこと。僕が初めて「ハル」と呼べば、いじらしく俯いた。あの日のこの部屋には確かに、二人だけの世界が閉じ込められていた。
六畳一間に絵の具の匂いが満ちれば、彼女は嬉しそうに笑った。前世の話をぽつりぽつりと話して聞かせてくれながら、僕が絵を描くのをあの椅子から見つめて笑った。
バイト先から手を繋いで帰った。着替える時間も惜しくて、僕は日が沈むまで寝支度は後回しに、ギリギリまで彼女との時間をすごした。
部屋の隅のベット、二人で抱き合った。僕が「愛してる」と言うと、彼女は幸せそうに笑った。その目は琥珀色に輝いて、そして、消えてしまった。
これまで目を逸らし続けていたその情景が、逃れようのないほど美しく目の前にあって。


「あぁ...」


それで僕は震える心を抱えたまま、カラカラと窓を開け部屋に戻った。今しかない、そんな気持ちに突き動かされて、スマホを手に取った。彼女が座ったあの椅子に腰掛けて、いつもの小説サイトに飛ぶ。

「続きを書く」を震える指でタップする。





ずっとずっと、彼女を忘れないように、繋ぎ止めておきたくて、だからあれからも絵を続けていた。もう今となっては、夢を叶えたいという気持ちより、彼女を忘れたくないという気持ちの方が、絵を描く動機として勝っているように思う。


そしてこれも、その一環だった。彼女との思い出、忘れたくない全て。それを小説として絵とは違った形で残すのも良いんじゃないかと、ある日ふと思い立ったのだ。それでこの小説サイトに流れ着いて、ぽつりぽつりと時間を見つけては書き進めていた。


「春の精」それが今僕が書いている物語のタイトルだ。


章 : 琥珀

本文 : それから僕たちは毎日一緒に...





その日僕は、どうしてもずっと書けなかった話の続きをついに書き上げた。
彼女が僕の前からいなくなってしまった日の話。彼女がこの手の中で消えてしまった日の話。これで僕と彼女の物語は終わりだ。


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎


それでもまだ、休みはあと六日もあった。溜まりに溜まっていた家事をのろのろとこなして、カレーをこの家で一番大きな鍋いっぱいに作り置いて。思いつく限りのことをやり尽くしてもなお、時間はまだ余っていた。


見そびれていた最後の映画のエンドロールが、日の出前の暗い部屋に光を灯していた。うんと伸びをした拍子に、冷たく照らされた部屋の隅のイーゼルに目が止まる。


「あぁ...」


立ち上がり白い布に手をかける。長らくかけたままにしてあったそれは、すっかり埃をかぶってしまっていた。





あの日彼女が消えてしまった日まで描いていたあの絵。それを完成させることもまた、僕にはできていなかった。描こうとするとどうしても心がすくんでしまって。けれど。
やるなら今だという気がした。ぽっかりと空いた残りの時間、その空白はそれで埋めるべきだと思った。それしかないようや気さえした。
それで僕はキャンバスをトートに入れて、朝焼けの中、あの丘へと向かうことにしたのだ。





彼女がいつも日の出と共に現れたあの木の下へ。イーゼルを立て、キャンバスを立てかけた。パレットに油壺を置いて、ペインティングオイルを注ぎ入れる。


「油絵ってこんなの使って描くんですねー」


あの日の彼女の声がふと蘇って、そこで手が止まった。思い浮かんだ彼女はそのまま自由に、僕の頭の中を動き出す。そんな彼女を止めることなんてできずに、僕はキャンバスの中の彼女を指でなぞった。


絵の中の彼女が、動き出すような気がした。

桜の葉は春の光を宿して生き生きと、

彼女は眩しそうに笑う。


彼女がこちらを振り向いて、

嬉しそうに、何か言う。

僕は何故だろう、

「そうだね」

と返す。


僕の声が震えてしまったことにも気づかずに、

彼女は一層、弾けるように笑う。

春をそれごとまとうように、

彼女は目映く躍る。





気がついた時にはもう、太陽は傾きかけていた。
この五年間、思えばずっとこうだった。彼女が消える間際に言った通りだった。


彼女がいなくなってしまってから、僕の心はそれごと悲しみに浸されたみたいに、隙間さえあればそこは全て悲しみに侵食された。忙しくしていない時はいつだって、気づけば彼女のことを考えていた。


そしていつの間にか、時が経っているのだ。気づけば五年もの時が、経ってしまったのだ。


描かねば。なんだか今描かないともう一生描けないような、そんな気がした。それで僕は、やっと筆を取った。





あの日彼女が触れた、カドミウムグリーンのペールとプライムレッド。僕の魂の色。それとパーマネントホワイトをパレットに絞り出す。若草色と赤を薄める、僕の魂を薄める。


そして...


僕は震える手で彼女の絵に最後の魂を吹き込んだ。木漏れ日が彼女を優しく包むように、僕は光を描いた。
描き上がった一枚の絵。そこにはあの日の彼女が、こちらへと手を伸ばしていた。とても生き生きと、今にも動き出しそうに笑って。





ぶるっと振動したスマホに我に返った。画面を確認してみると、それはあの小説サイトからの通知だった。


たくさんの人達が評価を押したり、感想を書いたりしてくれていた。その一つ一つに目を通す。


きっと読者の誰もがこの話をフィクションだと思っているだろう。ジャンルにファンタジーを選ばず恋愛としたのは、僕のささやかな抵抗だ。けれどそれもいいだろう、この話が実話なのは僕と彼女の間だけの秘密なのだから。


コメントに返事を書こうと、画面をスクロールしていたその時だった。ピコンと表示されたメールの通知に、僕の指が止まった。
それは普段は使わない方の、サイトに登録する必要がある時なんかに適当に使っているメールアドレスだった。
いつもなら迷惑メールが何かだろうと開きもしないであろうそれを、その時の僕はなんとなくタップした。


その内容に、僕は思わず目を見開いた。久々に自分の心臓の音を聞いたような気がした。信じられない気持ちのまま、僕は静かにメールを読み進めた。