さよならの朝、吹き抜ける潮風

作品番号 1664185
最終更新 2022/04/10

さよならの朝、吹き抜ける潮風
青春・恋愛

1ページ

総文字数/ 13,773

ランクイン履歴:

総合:61位(2022/04/29)

青春・恋愛:22位(2022/04/27)

小説大賞に際して初めてながら投稿させていただきました。潮風が吹き抜けるような青春を描いたつもりです。もしこの物語を誰かが読んでくれて、ほんの少しでも元気が出たり、力を与えることができたら本当に嬉しいです!
あらすじ
体調が優れない父と共に田舎に引っ越してきた日向。通学途中、ふと見渡した車内には制服姿の少女がいた。彼女はこの電車に長く住み着く幽霊なのだという。彼女の優しさに触れ、日向は次第に毎朝の通学時間が好きになっていった。そんなある日の放課後。祖父母から聞かされた父の自殺。日向の慟哭は虚しく響いた。同時に、渚に伝えなければいけない言葉が流れ込むように浮かぶ。朝日が昇り、日向は電車に向かって駆け出していた。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop