儚く美しい彼に、幸せの花雨を。

作品番号 1659327
最終更新 2022/05/25

儚く美しい彼に、幸せの花雨を。
夜桜/著
青春・恋愛

208ページ

総文字数/ 94,759

ランクイン履歴:

総合:98位(2022/04/16)

青春・恋愛:43位(2022/04/15)

どんな時でも、彼が私を救ってくれた。

「僕も、君と出逢えて本当に良かった」
この言葉にどれだけ私が救われたか、知ってる?

「僕は、君から幸せを奪っちゃったんだ…。」
そんなこと、そんなことないよ…。その分の幸せを、あなたは私にくれたんだよ…?

「世界がどんなに敵になっても、僕は絶対君の味方だから」
これは、彼が最後に私にくれた、大切なおまじない。

私の心の中には、絶対彼がいた。どんな時でも傍にいてくれる、大切で愛おしい人。だから、この人を愛したいって思えた。




あらすじ
3年前に両親を亡くし、孤独だった夏海。
ある日、幼なじみ・咲良のグループにいじめられる。誰にも助けを求められない夏海は学校を飛び出し、眺めていた丘に行くと、愁と名乗る青年と出会う。話していく内に、優しい言葉をくれる彼を好きになっていくが、記憶を取り戻した愁は夏海の元から去ってしまう。愁には、夏海に言えない秘密があり…。
これは、自分の過去と向き合い、愛する彼の為に成長する物語。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop