きみの瞳に、

作品番号 1644645
最終更新 2021/08/08

きみの瞳に、
恋愛・青春

20ページ

総文字数/ 10,096

ランクイン履歴:総合3位 (2021/08/11)


雨の日にいつも教室の窓の外を眺めている彼女の瞳には

いったい何が映っているんだろう……


ねえ、おしえてよ――――



- 2021/08/04 -



※※※

本作は“野いちご”で公開している『雨の音は、』という作品の、ヒーロー目線です。
ヒロイン目線の『雨の音は、』は、姉妹サイトの野いちご(or ベリカフェ)でお読みいただけます。

『雨の音は、』↓
https://www.no-ichigo.jp/read/book/book_id/1639513
あらすじ
俺は、いつも雨の降る校庭を眺めて嬉しそうに頬を緩める仁科さんが気になって仕方なかった。
彼女は一体、校庭を眺めながら何を見ているんだろう……?
何を思っているんだろう……?

俺――長瀬と、彼女――仁科さんの、“雨の日の放課後”の甘酸っぱいお話。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

仁科さんが可愛い…。
長瀬が仁科さんの言葉を遮ってどんどん話を先に進めてしまう感じが好きです。
雨と飴。玄関でのふたりのやりとりも好き!
仁科さんが長瀬にまんまとドキドキさせられてるし!
仁科目線を読むと、長瀬はめちゃめちゃ策士かと思えるけど、長瀬目線だとそうでもない。
仁科さんからは長瀬はちょっと大人っぽく見えるのかな。

2021/08/06 11:16

この作品のひとこと感想

すべての感想数:51

この作品をシェア

pagetop