▶短歌20首  『世界で一番すばらしい俺』より

作品番号 1642202
最終更新 2021/07/04

▶短歌20首  『世界で一番すばらしい俺』より
恋愛・青春

1ページ

総文字数/ 790

膝蹴りを
暗い野原で
受けている
世界で一番
すばらしい俺


短歌は57577からなります。季語はなくてもかまいません。
あらすじ
校舎から飛び降り、車にはねられながらも、ぬらっと生きながらえる。2018年短歌研究新人賞受賞の第一歌集。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop