庭の鈴蘭、野の薄荷

作品番号 1632768
最終更新 2021/03/23

庭の鈴蘭、野の薄荷
夜子/著
恋愛・青春

6ページ

総文字数/ 12,453

パスワードは企画の大文字部分

ロイさんの誕生日に捧げたものです。
ほんのすこーーーーしだけ修正しました。
あらすじ
偶然にも女子と会話をしている眞那斗を見かけた健人は、言葉にし難い思いを燻らせながら夜の公園をふらついていた。
やがて彼は、それが『嫉妬』という感情であることに思い至り、事実を確かめるために公民館の図書室を訪れるが――。

サポーターとして零野くんが出ます。
不穏なまなけん。なんかえっちな雰囲気というか、モロ褥なシーンがあります。肌色描写ないので安心してください。

この作品を読むにはパスワードの入力が必要です。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop