私は虫が嫌い。

作品番号 1609190
最終更新 2020/07/12

私は虫が嫌い。
恋愛・青春

1ページ

総文字数/ 5,764

本作はフィクションです。

――――――――――――――――――――

小説家になろう他にて重複掲載。
https://shimonomori.art.blog/2020/07/12/mushi/

※本作は横書き基準です。
 1行23文字程度で改行しています。

参考資料
『ゴキブリだもん ~美しきゴキブリの世界~
 著 鈴木知之 幻冬舎コミックス』

Wikipedia(2020年6月25日時点)
あらすじ
――死は必然とされる。

夜になると部屋の隅を黒い影が走る。

指ほどの大きさをしたつややかな黒い体。

長い触角を頻繁に動かして周囲を警戒する。

太い脚で素早く移動した。

排水溝やエアコンのダクトなどから侵入する。

玄関や窓の隙間でも人間の生活圏に入り込む。

そして外敵の気配を察知して飛翔する。

私は虫が嫌い。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop