拝啓 大好きな筈のあなたへ

作品番号 1608834
最終更新 2020/07/09

拝啓 大好きな筈のあなたへ
恋愛・青春

18ページ

総文字数/ 1,148

私は中学受験をして私立に行った中学校2年生の


阿良山 零(あらやま れい)


私が小学校の時、大好きで大好きだったあなた


月波 誠人(つきなみ まこと)に


どうしても想いを届けたくなって


中1の時に


手紙を書きました


でも、今日は


あなたに大事なお話があって


手紙を書いたのです――




※この話は「拝啓 大好きだったあなたとあの日々へ」の続きとなっています。そちらの小説を先に読むことをお勧めします。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop