喫茶Hesperusには猫がいる

作品番号 1603037
最終更新 2020/05/28

喫茶Hesperusには猫がいる
ファンタジー

21ページ

総文字数/ 10,225

ランクイン履歴:総合88位 (2020/06/01)

東京の下町、柴又の路地に佇む『喫茶Hesperus』
そこにはいつも、二匹の猫がいる。

これはそこに訪れる、三十二年前に大切な人を亡くした人の話。
あらすじ
入社直前に会社が倒産し、無職の三輪依子。
ようやく面接が決まり、面接前に立ち寄ったのは近所にある『喫茶Hesperus』

そこにはしっぽが三つに別れた白猫と、何やらわけアリの黒猫が居て…?

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop