【グリム童話】塔の上のペルシネットは退屈だった

作品番号 1601378
最終更新 2020/05/08

【グリム童話】塔の上のペルシネットは退屈だった
ホラー・パニック

1ページ

総文字数/ 4,719

ランクイン履歴:総合47位 (2020/05/17)

グリム兄弟による童話『ラプンツェル』をご存知だろうか。

1698年にフランスの作家ド・ラ・フォルスの『ペルシネット』が由来の一部であると言われている。


ラプンツェルが夜な夜な逢瀬を重ねていたり。

妊娠が魔女にバレて追放されたり。

王子は罰として目玉をくり抜かれたり。




グリム童話に描かれる残酷な部分を『ペルシネット』としてアレンジしました。



なろうで掲載しております。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop