三日後の昼休み、沙奈ちゃんと弁当を食べていたら、メッセージを受信した音がした。


『土日に文化祭がある。よかったら』


天形からだった。
そのメッセージと、時間等が記された画像が送られてくる。


「誰から?」
「天形。文化祭があるから来ないかって」


沙奈ちゃんに画面を見せると、スマホを取られてしまった。
行儀悪いのに、沙奈ちゃんは箸をくわえたまま、内容を読む。


「これ、私も行っていいのかな?」


橋をきちんと手に持ち、確認していた沙奈ちゃんの目が輝いている。


そういえば、沙奈ちゃんは体育祭より文化祭を楽しみにしてたっけ。


「一般公開みたいだし、いいんじゃないかな。……行くの?」


正直、天形の好きな子がいるからあまり乗り気じゃなかったけど、沙奈ちゃんがここまで目で訴えてきたら、断りにくい。


「もちろん!やった、文化祭!」


喜ぶ沙奈ちゃんを見ながら、簡単に天形に返事を送る。


「夏希とかも誘って、みんなで行こう!」
「とかって……ほかに誰誘うの?」
「……矢野?」


そんな気はしてた。
自分で言うことなのかわからないけど、きっとよくない雰囲気になると思う。


「……冗談です。夏希と、三人で行こう」


盛り下げるようなことをして申しわけなく思うけど、聖を誘って、天形たちの文化祭の空気を悪くするようなことはしたくなかった。