花火の夜に、もう一度

作品番号 1564464
最終更新 2019/07/01

花火の夜に、もう一度
夏野/著
恋愛・青春

3ページ

総文字数/ 11,176

ランクイン履歴:総合78位 (2019/07/03)

高校二年生の夏休み。

親元を離れ、祖母の家で過ごすことになった栞(しおり)は、田舎の寂れた駅でとてもきれいな顔だちをした青年に出逢う。

神社に奉納するための花火を作っているという彼は、亡くなったひとを蘇らせることのできる特別な花火師、『迎え人』。

彼の作った花火を上げた夜、ひと晩だけ、もうこの世にはいない大切なひとと、再会することができるのだという。


ひょんなことから、彼の仕事を手伝うことになった栞は、さまざまな人たちの故人への想いに触れ、それを支える彼の真摯さに惹かれてゆき……。


山間の田舎町を舞台にした、夏休み話です。


目次

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop