そして、日万凛と再会したBAR cachtteで初めて頼んだカクテルの話になった。
 「日万凛は、あのcachtteでジンライムをオーダーしてカクテル言葉、教えて貰ったんだろ?しのさんと健さんに聞いた。俺もあそこでジンライム、オーダーしてそしてカクテル言葉をしのさんに教えて貰ったんだ。」
と、少し懐かしそうに話をする。
 日万凛がBARでジンライムのカクテル言葉を教えてもらったのはもう一年半位前の話だ。蒼生があのBARに通いだしたのは半年と少しだと言う。

 「で、しのさんにジンライムのカクテル言葉教えて貰ってそれが【色褪せぬ想い】と知った時、日万凛は誰を思い出した?俺は日万凛だった。」

 日万凛は一年半前の記憶を思い出す。あの時、日万凛がカクテル言葉を聞いて思い出した事は「……私は、あのカクテル言葉を聞いた時、一番最初に蒼生の事を思い出したの。変だよね。付き合ってた千隼じゃなくて、蒼生だったの。それからずっと、蒼生の事、思い出してた。」一度、素直になると意識したせいだろうか。

 日万凛はカクテル言葉を聞いたその時の気持ちをそのまま蒼生に告げた。
 その日万凛の言葉を聞いて、緊張した面持ちの蒼生の顔に朱が差す。だがそれも一瞬で、千隼の名前を出した時は悔しそうな顔をした。
 その顔を隠すかのように日万凛を抱き寄せ、耳元でそっと囁いた。

 「日万凛、俺の女になれよ。大事にする。もう、昔みたいに泣かせないから。」

 その蒼生の言葉は日万凛の胸にストンと落ちた。ああ、もう隠さないんでいいんだ、と日万凛は一人納得する。そして無意識に蒼生の背に手を回し、蒼生の胸の中でコクリと頷いた。