隣の森崎は、私の旦那です。
赤く色づく、綺麗な日...。

「もう少し離れたらどうなんだよ、お前ら」

聞き慣れた声

笑いながら、レポート用紙を目の前に差し出す男

「ありがとう。

けど、椅子の上に座ってる

それに、離れる理由もないし」

「ま、別にいいけど

レポートの提出次回までらしいから」

「了解」

受け取ったレポート用紙には、綺麗に文字が並んでいて

見やすいように工夫された文

隣に座っている彼とは大違いで

自分の白紙同然のレポート用紙と重ねてクリアファイルの中に挟み込んだ

< 36 / 117 >

この作品をシェア

pagetop