本を歩く

作品番号 1716829
最終更新 2024/03/01

本を歩く
現代ファンタジー

34ページ

総文字数/ 86,468

ランクイン履歴:

現代ファンタジー:4位(2024/03/05)

ファンタジー:33位(2024/03/02)

恋愛ファンタジー:25位(2024/03/02)

物語は、結末から進んでいく。
あらすじ
『茜がいなくなった』

その連絡が入ったのは、坂ノ井匠が憂さ晴らしの酒に浸った翌日のことだった。

茜の机の上には一冊のノートと赤く小さな種。その実を指で摘むと強い光に包まれる。
見慣れた神社が映し出され、そこには茜と斎服に身を包んだ謎の男が居た。

「その『幸せ』、私が預かっておきましょう」


男の正体、そして目的とは?
茜を見つけるため、匠は記憶とともに時を遡っていく――。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

続きが気になる

2024/02/09 14:00

この作品のひとこと感想

すべての感想数:5

この作品をシェア

pagetop