冷酷無慈悲な総長は、彼女を手中に収めて溺愛の檻から逃さない。

作品番号 1706620
最終更新 2023/12/03

冷酷無慈悲な総長は、彼女を手中に収めて溺愛の檻から逃さない。
青春・恋愛

11ページ

総文字数/ 22,525

ランクイン履歴:

青春・恋愛:46位(2023/10/30)

 誰もが恐れ、羨み、その瞳に映ることだけを渇望するほどに高貴で気高い、今世紀最強の見目麗しき完璧な神様。
 酔いしれるほどに麗しく美しい女たちの愛に溺れ続けていた神様は、ある日突然。

「今日からこの女がおれの最愛のひと、ね」

 そんなことを、言い出した。

𓆸𓆸𓆸

「おれの言うことが聞けねーの?俺に逆らえる権力、お前は持ち合わせてないと思うんだけど」

 この人は、みんなの神様じゃない……。
 わたしからしてみれば、史上最悪の、血も涙もない冷酷無慈悲な皇帝だった───。

「───あ、言っとくけどお前、おれに命握られてるから」
「だからたーっぷり、おれを満足させてね」

 にっこりと綺麗な弧を描いた妖艶な唇。
 突き刺さる氷河よりも冷たく冷酷無慈悲な、感情の読めない漆黒の瞳。
 それは、逸らしたくても逸らせないあまい甘い罠。
 誰も愛さない。誰も愛せない。
 だけど、誰よりも他人の温かさを求めている。
 本物の愛に飢えた皇帝は、今日も無気力にこの世を生きる。

꧁——————————꧂

15代目・霜蘭花派皇帝

飛鳥馬 麗仁
-あすま りと-

꧁——————————꧂

 そんな本物の愛を探していた皇帝の元に、なぜか突然、何の価値も魅力もない庶民であるわたしが指名された。

「わたし、本物の愛をくれる人でなきゃ、満足出来ません」
「……へぇ?そんなこと、お前ごときが言っていいとでも思ってんの?」

 ナイフのように冷たい視線と、愛のない口調。

「おれはもう、お前しか見てねーんだけど」

 ───だけどこれは、わたしが探し求めていた運命の出逢いなんかじゃない。
 こんな愛のない関係なんて、もういらない。
 だけどわたしは、このすべてを呑み込むほどの暗く深い闇色の瞳から目を逸らせない。

「おれ、彩夏がいないともう生きていけない」
「おれはお前が死んでも生まれ変わっても、一生離しやしねぇよ」
「───だから早く、おれに溺れろ」

 その言葉に心が揺れ動かされた時。
 何も映していないようで本当は誰よりも純粋なその漆黒に

甘く、熱く、溺れる。


執筆開始❀7月26日
あらすじ
東ノ街の住民、彩夏は、ある日“夜の世界”に足を踏み入れ、その街の皇帝、麗仁と出会う。2人の関係はそこまでと思われたが、麗仁は気まぐれに彩夏の前へと姿を現すようになる。「あやちゃんって、世界一可愛い女の子だと思うんだよね」わたしに甘い言葉ばかり吐くくせに。「──ごめん、あやちゃん。おれ、もうあやちゃんとは会えない」それなのに、どうしてわたしから離れて行くの?あなたは一体、わたしに何を隠してる───?

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop