忘れさせ屋のドロップス

作品番号 1686513
最終更新 2023/01/11

忘れさせ屋のドロップス
青春・恋愛

100ページ

総文字数/ 50,114

ランクイン履歴:

青春・恋愛:43位(2023/01/26)

ある理由から、逃げ出すように家出した鈴木有桜が、何処にも行く宛もなく、偶然たどり着いたのが、佐藤遥が店主の『忘れさせ屋』だった。

遥は、お金と引き換えに不思議なドロップスで『忘れたいこと』を『忘れさせる』ことが出来るという。遥の姉の計らいで、女性関係も私生活も自由奔放な遥と一緒に暮らすことになった有桜。

やがて遥への淡い恋心に気づく有桜だったが、心に闇を抱えた有桜と同じく、心に傷を負った遥は『誰も好きになれない』と告げる。

有桜と遥のそれぞれが最後に『忘れたい』と願ったことは……。

ーーーー好きだった。俺は最後まで言えなかった。

※2022.7.7完結有難うございました。
※画像は、フリー素材です。ミカスケ様のイラストをお借りしております。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop