双子と運命の恋の話

作品番号 1682868
最終更新 2022/11/11

双子と運命の恋の話
青春・恋愛

6ページ

総文字数/ 23,908

仲のいい双子の華澄と匠海は、高校入学と共に恋をした
初恋と呼ばれるそれは、甘酸っぱく双子を蝕む。

嗚呼、貴方が欲しい
あらすじ
華澄(かすみ)と匠海(たくみ)は二卵性の双子。
仕事が忙しいと言って外に愛人を作り、自宅に帰らないネグレクト親と会わないうちに、高校一年になり、今年、双子は二人暮らし五年目になる。

仲のいい双子は初恋をした。
姉、華澄は、トラウマを抱えた男、鉄郎に。
弟、匠海は聖母のような男、遥に。

※改稿版です。
※なろうに『双子は真実の恋を知る』というタイトルで掲載していました。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop