オレンジじゃない夕方

作品番号 1682626
最終更新 2022/11/07

オレンジじゃない夕方
青春・恋愛

10ページ

総文字数/ 9,962


中学生の私は読書家。
平凡に地味に学校生活を送っている。
私は、前川理登を気になっているが、その気持ちを無意味なものとして見ている。
クラスの端にいる私なんか、相手にされないだろう。
そう思っていたら、偶然、隣の席になっ
た。


「これはある意味原さんの手作りでもある訳だ」



(短篇です。)

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop