リヒトとスパーダを説得しオーク達の見張りを頼み、俺は盗人のオークとゴブリン達と話しを始めた。

 オークは身長2.5メートルありそうな毛深く、そして強靭な肉体でありスキンヘッドの男性オーク。

 ゴブリンは俺より身長が低く大体1.5メートルくらいで赤髪で薄い緑肌の女性ゴブリンだった。

「さて聞きたいことがいくつかあるのだが、お前らは何のためにどうやって何回盗みをしたんだ?」

「ワシはただ富のために盗みを働いているだけだぁ?回数としてはそうだな…100回は超えてるかなぁ。」

「貴様!盗みを働いている「だけ」だと!?しかも100回も!」

「落ち着け…!リヒト!」

 温厚なリヒトがここまで取り乱すとは…

「それは今まで誰にも捕まらずにか?」

「そうだぁ…そもそもこの世界で捕まったら死だぁ。」

 サニーテの情報によればオークは機動力がないはずだが、100回以上も捕まらずには成功できるだろうか…

「お前100回も捕まらずにどうやって?」

「そこはわっちが説明しようか」

 女性ゴブリンがいきなり会話に入ってきた。

「オークには物理力がある分機動力は無いが、わっち…そうゴブリンには機動力がある。互いに弱点を補ってる。こいつはターゲットの前に現れたら自慢の物理力で地面を揺らし怯ませ、その隙にわっちは穴を掘り地面から出てきて盗み逃げる感じだ。」

 地面を揺らされて怯みさらに地面から盗まれたら動揺してて、確かに機動力がないオークでも逃げられるな。

 ここまで考えているとはならば今ここで…

「よしわかった…お前らはこれより…」

「「うッ…」」

 オークとゴブリンは死を覚悟した目で、そしてリヒトとスパーダは武器を構えている。



 しかし俺は…



「俺の仲間になれ!」

「「「「「…え!?」」」」」

 まぁ全員動揺するだろう。

 しかし100回以上も盗みを働いて今回が初めての失敗。

「棚和ふざけているのか!?こいつらは…!」

「ふざけてはいない。この能力、才能はプロレスに生かせるはずだ!なぁどうだ?俺たちは命の駆け引きを無くす代わりに、魅せる闘いプロレスを広めようとしている。その手助けをしてくれないか?もちろん仲間になれば見逃してやるが、もし裏切ったりしたら…わかるな?」

 圧をかけて誘ってみる。

 仲間になるか死しか選択はなく普通なら選ぶ択は1つしか無いが。

「わ…わかりました…プロレスというのはよくわからないが仲間になります…」

「仲間になるだぁ…」

 よし。圧をかけたのもあったからなのか上手くいった。

「じゃあ契約成立だ。もし裏切ったりしたら、その時はリヒト、スパーダ頼む。」

「さっさとこういう奴らは始末した方がいいんだけど…わかったよ。」

 こうしてオークとゴブリンは俺らの仲間になったが、あくまでも元々は盗人警戒しておこう。



「そういえばお前ら名前は聞いてなかったな。オークの方から教えてくれ。」

「ワシはウェルというだぁ」

「わっちはファメというよ」

「あとお前らプロレスでは富は手に入らないがファメ、有名になって人気なら手に入るかもな」

「そうなのか!わっちやる気出てきた!」

 さっきまで始末されそうになり戦意喪失になっていたりしてたが、一気に切り替えてやる気になるとは…さすが単純なゴブリンといったところか?

 また、これはプロレスならではだが、正義はもちろん悪役でも人気になれることはできる。

 ただそれは個人の頑張り次第だが。

 さて…オークのウェル、ゴブリンのファメをスカウトしたしこれで残るはゴーレムのみ!

 そろそろリングなどの準備に取り掛かり、スムーズにさせたいから一旦2つのグループで別行動をするか。

「あ、ちゃんとさっき盗んだ宝石は返しておけよ?」

「「は…はい…」」