誰もいない最後の夏に、僕は君の落とした謎を解く

作品番号 1680131
最終更新 2022/11/25

誰もいない最後の夏に、僕は君の落とした謎を解く
ヒューマンドラマ

10ページ

総文字数/ 11,389

 「少し町に買い物に行ってくる」

 そう言って木陰を出ていった君は、帰って来なかった。

 野菜や果物の入った紙袋を持って消えた君が落とした謎を解いてみせよう。


 それで少しだって、ほんとうの君に近付けるなら。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop