「――キリムとか言ったか、このモンスターは? デッケぇ腹だなぁ……」
 
 成人男性三人が横になれそうな幅と、見あげる体高を誇る巨体の亀形の怪物。
 その前には、情けない表情を浮かべた青年が――たった一人で剣を構えていた。

「ダイエットのためにもさ、腹の中のもんぶちまけて、どっか遠くまでランニング行ってくんねぇかなぁ……。ねぇ頼むよ、それがお互いの為だってば!――おねがぁい!!」

 土下座する勢いで頼み込むその姿は、子が親に何かを買ってと願うようでもあり――大人がやると、少し哀れでもある。

 キリムは七つの頭にそれぞれ七本の角に目を持つ。
 装甲のような鱗に囲まれた四つ足の怪物で、腹には食べた人間や宝が詰まっているというがーー。

「貧困に喘ぐ村を怪物から守るために、こんな危険な依頼を格安で受けてくださるなんて……! 噂なんて当てにならないということ、ですか?」
「……違う。絶対、腹の中が目当て」
「ははっ。まぁいいじゃないか。動機はともかく、人が救われることに違いはない。クズ君の行いは美しいと思うよ。――僕の瞳の次にね」

 ボロボロの服を身に纏う少女が心配そうに見つめる。
 そんな少女に、防具で身を固め乏しい表情の少女や、筋肉質でキラキラした瞳の大男が答えた。側からから見ていて、温度差がひどい。

 戦争は大きな悲劇を生み――傷跡を残す。生活レベルの後退どころか、身の安全すら守られなくなる。

  三つの大国による紛争(ふんそう)拮抗状態(きっこうじょうたい)(おちい)った。
 国家間の戦乱が落ち着いて自領の内政に繰り出すも、内政なんて直ぐに効果が出ないものが殆どだ。
 それ故にモンスターによる被害や治安悪化による小さな諍いは尽きない――。

 だからこそ、傭兵団という存在は需要が高い。

 比較的安全な依頼から、怪物などのモンスター討伐依頼まで。

 モンスターが蔓延る世界で、人間同士が長年争いを続けていたものだからーー凶悪なモンスターもいつの間にか数を増やしていた。

 天敵がいなければ、あるいは天敵に討伐されなければ個体数は自然と増えていく。

 今日も傭兵団はギルドを通して数々の依頼を受けて生計を立てている。
 
 例えば、とびきり運と性格が悪い『クズ』と呼ばれる傭兵がここにも一人ーー。

「――化け物退治ってのは、英雄さんの仕事だろうが! 俺は英雄なんかじゃねぇ。これは俺みてぇなクズが一人でやることじゃねぇっつのッ! みんな、協力して正義の行いをしようぜ!」

 古来より、英雄が怪物を退治して民や姫を護ると行った物語は定番である。

 だが望んで英雄となる者もいれば、仕方なしに英雄に祭り上げされてしまった者ーー本質は凡人である者だっているはずだ。
 例えば心優しく、繊細(せんさい)な者だって。

 それでも彼等に共通しているのは、逃げずに強者と戦う『理由』があったはずだ。

 例えばそれは、英雄とは正反対の『クズ』と揶揄(やゆ)される男であったとしても。

 逃げたくない、戦う理由があれば、無理をして身の丈に合わぬ英雄の如く振る舞ってしまう――。

 一体で正規兵百名はいなければ安全に討伐できないB級モンスターを――一人で相手するなんて無謀だ。
 だが、彼の仲間の団員達の反応は――。

「「「――お前が言うなクズッ!!」」」

 おかしい。
 仲間であるはずの傭兵団から一斉に罵声(ばせい)を浴びせられた。
 世の中は理不尽だ。

「ちぃっくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!」

 彼の仲間達は手を貸すつもりはない。

 それもそのはずだ。何しろ、キリムを相手に戦う羽目になったのもクズが原因。

「――ギルバートさんッ! 私達の村を救って下さると言った言葉、信じていますから!」
「彼から貰った大切な結婚指輪、『美しい宝玉は美しい女性が持つべきだ』と言ってくれた言葉、忘れませんから!」

 仲間が命を()して戦う原因――彼は仲間が反対する間もなく、ギルドから勝手に依頼を受けていたのだから。村人を襲った巨大な怪物退治を、かなりの格安料金で。

 ましてやその依頼を受けた原因が、クズの噂を聞いた若い村娘達に籠絡されてなのだから、手は貸さない。


 逃げ惑うクズを目で追うキリム。
 だが、途中でピタリと止まる。腹の下に何か違和感がある。そう感じた時には既におそい。
 直後、己の腹に感じ始めた熱気に慟哭(どうこく)をあげた。
 
「はっはぁ! 蒸気(じょうき)の熱さをなめんなよ!? その分厚い鱗、お暑いでしょうから脱いだらいかがでしょうか?ーーおっと、残念っ。脱げないんでしたね。自分の肌から生えてるから! ざまぁあああ!」

 直接の攻撃は鱗が硬くて難しい。なら、水の精霊や火の精霊に手伝ってもらえばいいじゃないか。
 鱗の隙間から肌を痛めつける蒸気の熱に苦しむキリムを指差してクズは悪辣に笑う。
 必死に逃げようとするがーー。

「はい、残念。お水と熱でボロボロの大地ですからね! 逃げれませんよ!ーー錬成(れんせい)!」

 クズは錬金術の応用を使う為、大地に手をバンっと着く。
 途端、ボロボロの大地で身動きを取れないキリムを(かま)状に覆う石の塊が出現した。

 蒸気の熱に激しく抵抗する音を出していたキリムだがーーやがて物音一つしなくなった。

 クズが錬成した大地へ魔力注入を止め、窯を破壊するとーーそこには魚の蒸し焼きの如く、白目で全身真っ赤になり絶命したキリムがあった。

「ーーいやぁ。文字通り、熱いバトルだったな」

 ーーふざけるな、こんな卑怯な炎の使い方があるか!
 ーー妾の主が情けないっ。鬼のような所業を平気な顔でやりある……。

「そうだそうだ! まともに戦えクズ団長!」
「……兄様、相変わらず汚い戦い方」
「変わらないね……。美しくない戦い方だよ、クズ君」

 自分が召喚した精霊や、仲間達からもブーイングが浴びせられる。依頼者である村娘達でさえ、ドン引きして批難の眼差しを向けていた。

「あーあー、アンチ共の声がうるせぇっ。勝てば良いんだよっ。鬼?ーー鬼道(きどう)だろうと道は道! 勝利に繋がる道なら俺は喜んで進むね!……さて、肝心のお宝わっとーー」

 蒸し焼き状態のキリムを剣で裏返し、腹を捌き始める。
 噂によれば、キリムというモンスターは腹に宝を蓄えるという。

 実を言うと、クズが今回の依頼を受けた真の理由はそこにある。

 依頼では結婚指輪を取り返して欲しいとの事だっだがーー。他にも入ってるであろう宝は俺の物。

 一攫千金(いっかくせんきん)、できちゃうんじゃね?

 そんな魂胆でこの討伐依頼を受けたわけだがーー。

「ーーはぁ!? 指輪一個しか腹にないだと!? ふっざけんなぁ! お前、俺の金山の予定だったんだぞ!?」

 依頼にあった指輪を取り出したが、他に金目の物は無いかと狂気的(きょうきてき)に腹を剣で()(さば)き血塗れになる姿はーー。

「う、噂通り……この団長さん、腕は確かなクズですねーー」

 村娘を震撼(しんかん)させ、流れる噂を確信させた。

「命の危険おかして村を襲う怪物退治を一人でやったのに……クズくん、ドンマイ」
「義兄様……。本当に毎回、報われない。素直じゃないだけで、一生懸命に村娘の願いも人命も護ったのに……。対価もないなんて。ーー可哀想」
「なんだかんだで団長はお人好しっすからねぇ……。金のない村からは超割安で依頼を受けて、倒したモンスターの素材で利益出そうとしたんでしょうけど……」
「やっぱり、不憫なのは普段からクズな発言してるからじゃない?」
「……それを義兄様には言わないであげて。ーー多分、声をあげて泣くから」

 結局、金目の物は見つからずーー。
 貧乏傭兵団は、今日も貧乏なまま、また大陸を彷徨う事になったーー。