僕の初恋は、妖精の君

作品番号 1679716
最終更新 2022/10/04

僕の初恋は、妖精の君
青春・恋愛

22ページ

総文字数/ 9,422

 僕が初めて恋をしたのは、妖精の君だった。
あらすじ
 恋愛未経験の中学二年生の航が初めて抱いた恋心。なんとその相手は妖精だった。人々の傷を癒すため、いろいろな町を飛び回る彼女。ところがそんな彼女に航が想いを告げる前に、彼女はいなくなってしまう。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop