帝都ロマン花乙女 〜死に戻り少女は出逢う〜

作品番号 1679331
最終更新 2022/11/14

帝都ロマン花乙女 〜死に戻り少女は出逢う〜
もく/著
あやかし・和風ファンタジー

8ページ

総文字数/ 6,807

ランクイン履歴:

あやかし・和風ファンタジー:37位(2022/11/16)

※11月下旬辺りから更新再開します


 華の国・帝都にある五つの区画の一つ「菊」で暮らしている十八歳の少女つぼみ。

 元は華族の出だったが、両親を早くに亡くしてからは子爵家の使用人として働いている。

 子爵家の令嬢・智恵から毎日のように虐げられる日々を送っていたつぼみは、ある晩妖魔の暴走に巻き込まれ、智恵の身代わりになって命を落としてしまう。

 けれど目覚めたとき、つぼみの胸元には桜という花の紋様が表れ、さらに時間が一年前に戻っていて――

「命大事に自分の人生は自分で決める!」

 二度とあんなふうに死にたくない、生きているからにはもう他人に支配された生き方をしたくない。

 そんな決意を新たにつぼみは自由の第一歩を踏み出すのだが――?

 和風×架空時代ファンタジー×異能力
あらすじ
妖魔に対抗する華の国は、四つの花家紋によって支えられている。
花は妖魔が嫌う生気を纏い、けれど枯れてしまえば邪気を纏い毒となった。
聖花を癒すのは花家紋の長である花守のみ。けれど、妖魔によって死んだはずなのに一年前に回帰したつぼみにも、その力が扱えるようになり――

目次

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop