私の音が導く先は。

作品番号 1679121
最終更新 2022/09/26

私の音が導く先は。
青春・恋愛

9ページ

総文字数/ 2,968

私は愛彩高等学校吹奏楽部に所属している高校3年生。ここ、愛彩市は小さな市。学校生活では部活動に特化した学校が多いので、割と有名な市である。
あらすじ
愛彩高等学校吹奏楽部に所属している高校3年生の由南。愛彩市はとても小さな市で、愛彩市にある小・中・高等学校では部活動に特化した学校が多いので、割と全国に有名な市だった。
由南が今年に出られる大会は最後。吹奏楽コンクール、アンサンブルコンテスト…今までに何度も大会を経験してきた。今年を逃したらもう全国大会にいける機会は無い。あぁ、私は彼との約束を果たさないと…。彼の最後の「願い」だったのだから。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop