(本当に、この()は、わかっているのだろうか。)

サロメは、憮然とした態度のヘロデアに、哀れみの視線を送った。

事のあらましを、問いただしても、ヘロデアは、はぐらかすだけだろう。

ならば。

「ねえ、ヘロデア?伯爵とは、どうゆう関係なのかしら?」

「はっ、何を言うかと思ったら」

「あら、私は、マダム、なのでしょ?そこは、知っておくべきことじゃない?」

「それもそうね。あなたには、知っておいてもらうべきだわ」

サロメの挑発にヘロデアは、乗って来た。

「いいこと?私が、本当のマダムなの!あなたじゃない!これは、伯爵様の気紛れなのよ!」

ハハハと、ヘロデアは、耳障りな声を挙げて笑った。

「サロメ、あなたには、十分働いてもらう。他の女は、使えないけれど、あなたは、違う。舞うことができるもの」

サロメの問いに、答えになっていない返事を寄せるヘロデアは、それでも、余裕を見せようとしていた。

しかし、表情は、しごく固かった。サロメへ言った事は、そのまま、自分に向けられているものだと、分かっているかのごとくに。

「今まで、何のために……」

悔し紛れの呟きと共に、ヘロデアの手には、いつの間にか、例の(こがたな)が握られていた。

犯人であるべき、ヨカナーンと、それを庇うサロメを、敵視し、痛めつける事だけに、皆は、興じた。凶器のことなど、誰も考えていなかった。その行方など、当然、忘れていた──。

「何が、売れっ子よ!何が、マダムよ!」

凶器を握るヘロデアは、もはや、サロメの知っている彼女ではない。あの、弾劾してきた獣の双眸をギラギラさせた、(やから)になっている。

(ああ、なんてこと。ヘロデアは、ただ、伯爵の目に留まりたいだけに、それだけのために、手を染めたのね)

伯爵とヘロデアの間に何があったのか、二人の関係は、どこまでのものなのか、サロメには、わからない。そもそも、ここは、娼館。言葉はあっても、(まこと)は、ない。

ヘロデアは、分かっていなかったのだ。言葉通りに、信じ、言葉通りに、動いた。

けれど、言葉通りには、ならなかった。

(もう、無理なのね、ヘロデア。あなた。もう、無理なのね)

サロメの中に、(ここ)で、受けた様々な過去が、思い起こされていた。ヘロデアも、堪えられなくなって……そして、惨事が起こってしまったのだろう。

うっすらと血糊が付いた刃が、鈍く光っていた。ヘロデアの瞳も、同様に、鈍く輝いている。

──死人のような、青白い月。

ああ、ヨカナーン。月は、見守ってくれなかった。

いや……。

「ヘロデア、窓を開けても良いかしら?」

「……叫ぶつもり?」

ヘロデアの、眉が、ピクリと動き、瞳は、さらに、混沌とした闇の色を発した。

「あなた、聞こえないの?馬車の音が」

伯爵が、お戻りになったのかもしれないと、サロメは、言って、ヘロデアがいない側のベッドの端から抜け出すと、両開きの窓を開けた。

──見上げた、夜空には、あの、月が、登っている。

ヨカナーンの言葉を思い出す。

きっと、月が、守ってくれる……はず。