何か頭の奥に突き刺さる気配がして、サロメは思わず、目を開けた。

ベッドに横たわっているということは、眠っていたのだろうか。あの、怒濤のように襲って来た罵倒は、夢だったのだろうか。

どこか、意識が朦朧としていた。

「やっと、気がついたみたいね。全く、気付け薬が、なかなか効かないから、伯爵に大目玉くらったわよ!」

幾つもの気付け薬を試したのだと、ヘロデアが、鬱陶しそうに肩をすくめている。

意識が、朦朧としているのは、そのせいなのだろう。

「ここは……?」

あきらかに、自分の部屋とは異なる場所だった。

「マダムの部屋よ。今日から、あなたが、この館のマダムだから。伯爵のお言い付け」

ぞんざいな口振りの、ヘロデアにサロメは、違和感を覚えつつも、部屋をぐるりと見渡した。

「あー、死体は、片隅けた。汚れた絨毯も入れ換えた。その間、あなたは、伯爵に見守られながら、おねんね。お気楽なものね」

「伯爵は……」

「あいつを、官憲(やくにん)に引き渡しに行ったわ。だから、今日はお戻りにはならないでしょう」

館に集まっていた客も、伯爵の一声で、帰って行ったと、ヘロデアは言う。

(伯爵は、穏便に済ませるつもりね。だけど、この()は、わかっていない……)

先ほどから、鼻につく、ヘロデアの態度は、伯爵に見限られたからに違いない。

何かしら、甘い囁きを真に受けたヘロデアは、伯爵に身を任せた。いや、自身の、野心すら任せてしまった。

(そうか。多分、そうだわ!犯人は……。ヘロデアに違いない。)

サロメの女の勘が、そう言っていた。

仲間を殺したのも、マダムを殺したのも、すべて、ヘロデアの仕業──。

自らの意思なのか、伯爵に命じられての事なのか、そこまでは、わからない。

けれど、サロメにとっては、それで十分だった。ヨカナーンが、犯人でないと確信できたからだ。

マダムは、気分が悪いと、いつもの薬を用意するよう、ヘロデアに言い付けた。先に、マダムの部屋へ向かったヘロデアには、水差しの水に、ワインに、マダムが口にするであろう、飲み物全てに、毒を盛ることができた。

頃合いを見計らって、マダムの部屋へ行き、叫び声を挙げる。

腰を抜かした振りをして、床に座り込んだのは、(こがたな)を、皆の前で、見つける為。

マダムは、毒によって息絶えた。凶器と呼べる物は、何一つ、使われていない。だから、(こがたな)は、使われていなかった。

床の敷物の下に、使う前の凶器を隠し、見せつけたのは、あたかも、と、皆を煽る為。

ヨカナーンなら、あんなに手入れが悪い刃を持つことなどあり得ない──。

村にいる時、ヨカナーンは、木切れを使い、小刀で、よく、笛を作っていた。だから、血糊が残るような刃を持つことは、ありえないのだ。

ヘロデアが皆に、見せつけた、刃物の扱いは、ぞんざい過ぎた。まるで、使いなれていない(おんな)の仕業のようだった……。