「その男を官憲(やくにん)に、引き渡せ!」

「そいつが、犯人だったのね!」

ヘロデアの叫びに、何事かと飛び出して来た皆は、乱れた着衣を気に止める事なく、ヨカナーンを弾劾している。

ヘロデアは、マダムの部屋で腰を抜かし、ヘタリこんでいた。

皆の視線の先には、床に転がる割れたワイングラスと、吐血して倒れるマダムの姿があった。

泡を吹き、もがき苦しんだ様子が伺える、歪みきった蒼白なマダムの面持ちは、すでに、息耐えている事が分かるものだった。

マダムへ、飲み物を薦めようと、ワインが入った、デキャンタを持つヨカナーンは、罵倒に等しい批難の声を浴び、立ちすくんでいる。

キャーと、ヘロデアが、再び叫んだ。

「こ、こんな所に、(こがたな)が!!」

テーブルの下敷(したじき)の裏隅に、使い込んだ(やいば)が隠されていた。拭いきれなかったのか、()には、うっすらと血が粘りついている。

床にへたり込んでいたヘロデアの視線の位置と相まって、それは、偶然、見つけられた。

一斉に、皆の疑惑が、確信へと変わり、獣のようにギラギラとした双眸が、ヨカナーンに定まった。

「縛り首だ!」「縛り首にしろ!」「殺しは、縛り首だ!」

縛り首、縛り首──と、怒濤のような勢いが、ヨカナーンに迫り来る。

「どうしたんだ」

騒ぎを聞きつけ、伯爵とサロメが遅れてマダムの部屋へやって来た。訳を聞く事もなく、伯爵もサロメも、すぐに事態が読み取れた。

怯えきるエメラルド色の瞳が、サロメを見つめる。

「違う!!彼じゃない!」

とっさに叫んだ、サロメに、飢えた獣達の双眸が向けられる。

「その女も、引き渡せ!」「そいつもだ!」「縛り首にしろ!」「縛り首だ!」

──狂っている。

サロメは、罵声を浴びながら思う。

もはや、男も、女も、心の闇に取り入られ、真の犯人は、誰か、という善の叫びではなく、好奇心という、悪徳と快楽の叫びに酔いしれている。

(ヨカナーンは、犯人じゃない。あの、瞳が、しっかりと、私を見ている。ああ、ヨカナーン!)

「私、見ました。あの男と、あの女が、バルコニーで耳打ちしているのを」

ヘロデアの一言で、皆が、動いた。叫びのような、怒鳴り声のようなものを挙げながら、ヨカナーンに襲いかかった。

「縛り首だ!」「縛り首にしろ!」「女もグルだ!」「縛り首だ!」「連れて行け!」「牢へほうりこめ!」「縛り首だ!」「殺人は、縛り首だ!」

怒り狂う罵り声が、サロメの頭上で、渦巻く。

「誰が、誰を、殺したというの!」

精一杯の抗議の叫びと共に、サロメは気を失った。瞬間、ヨカナーンの声が、聞こえたような気がした。

私は、違う。サロメ、ありがとう──と。