広間では、弦楽器の調べが(ひそやか)に流れていた。

長椅子に座りくつろぐ男女は、歓談し、そして、耳打ちすると、一組、また、一組と消えて行く……。

「ああ、なんだか、今夜は、気分が悪いわ。へロデア、いつもの薬を用意してちょうだい」

へロデアは、小さくお辞儀をすると、姿を消した。

「おや、マダム、どうした?我が(しもべ)ヨカナーンに、部屋まで送らせようか?」

「ああ、伯爵。ご心配なく。でも……たまには、それも、良いかもしれませんね」

「ああ、たまにはな」

マダムへ意味深な笑みを送ると、伯爵は、広間の片隅で竪琴(キタラ)をつま弾いていたヨカナーンに声をかける。

命じられるままに、ヨカナーンは、マダムと共に、部屋へ向かった。

「さて、一人になってしまった私は、どうしよう?サロメ?」

サロメは胸の内でため息をつく。今宵の相手は、伯爵なのだと──。

しかし、マダムの、パトロンでもある男。下手な動きをすれば、マダムの逆輪に触れるであろう。

でも、マダムは……。

ヨカナーンと抱き合うマダムの姿、そして、その先を考えてしまい、サロメの心は、なぜか、乱れた。

「マダムのご様子が、心配ですわ」

「ああ、近頃、妙な事が起きているだろう? 心労がたたっているのかもしれないね」

──この男、伯爵は、違う。

マダムに、事を、任せきる姿勢からは、館の女を手にかける素振りは伺えなかった。どうゆう理由であれ、女が、減るということは、伯爵自身も、打撃を受ける事になる。

そう、マダムから、受け取っているであろう、分け前が減るのだから。

殺された女達は、売れっ子ばかりだった。

それが、三人も、いなくなったのだ。皆、高官達のお気に入りだった。どの様な言い訳を用意しようと、いない者は、仕方ないと客足は遠のく。自然、売上へ響き、伯爵への戻りも、減ってしまう。

──伯爵が、月……なのか。

伯爵に、正体が、バレてしまっては、この社会でも、表の社会でも生きてはいけない。

マダムをヨカナーンに相手させ、サロメを指名するということは、伯爵は、今夜は、館に泊まるつもりなのだ。

いつも、マダムと、雑談し、部屋で遊びに興じた後は、すぐに帰っていた。

その隙を狙うかのように、惨事は起きている。

(……だから、ヨカナーンは、言ったのね。)

生暖かい口づけが、サロメの手の甲に落ちた。

気がつけば、広間には、伯爵と、サロメの二人きりになっていた。

「別に、君の部屋で無くてもかまわないが?むしろ、ここの方が、私の好みだ。サロメよ、私の為に、あの舞いのような、官能を見せてくれるかい?」

「仰せのままに」

逆らうことは、出来ない。これが、サロメの役割だから──。

伯爵の固く薄い唇が、サロメの魅惑的な柔らかな唇に重なった時、ヘロデアの叫び声が、館に響き渡った。