「月が綺麗だ、サロメ」

「まあ、青白い、死人の様なあの月のどこが?」

「君は、気にしているんだね?だけど、今夜は何も起こらない」

子供のころから、意味深な事を口走り、預言者ヨカナーンと、よく、からかわれていたけれど、それは、大人になっても、変わっていない。

サロメは、どこか浮世離れしている幼馴染みを見る。

名前もなき小さな村で、共に育った二人は、大人になり、この裏社会で、再会した。

学のない者が、生きて行くには、うってつけの場所。特に驚く事もなく、二人はその巡り合わせを素直に受け止めた。

サロメは、館で踊り、男達に奉仕していると、ヨカナーンは、パトロンを見つけ、楽器を奏でて、奉仕していると、互いの仕事(やくわり)を報告しても、別に驚く事もなく、やはり、と、しか思わなかった。

「あんなに、青白い月が登っているのに……、ヨカナーン、あなた、どうして、何も起こらないと言い切れるの?」

舞の後、汗を引かせたいとサロメは言って、バルコニーに出た。

すでに、高欄(てすり)に、もたれ掛かる、ヨカナーンの姿があった。

夜の帷が降りた今、その漆黒の髪は、闇と溶け込み、見えるのは、輝くエメラルド色の瞳が収まる端麗な顔立ちと、すらりと引き締まった体躯のみ。

誰しもが、すれ違い様に、振り向くであろう姿は、幼き頃より見慣れているサロメにとって、当たり前のもので、ヨカナーンだと納得できるものでもあった。

「ねえ、だから、なぜ、今夜は、何も起こらないと言いきれるの?」

「……月が、美しいから……何も出来ない」

「ああ、惨事は、月のせいだと言い切るのね?あなたらしいわ」

サロメは、慈しみ深く笑った。

ヨカナーンの発する言葉は、常に、意味があるとも、意味がないとも、どちらにも受け取れた。

そして、彼の言葉を聞こうとする者だけが、真の意味を受け止められるとサロメは知っていた。

だから、今夜は、何も起こらない。

いや。起こらせない、何かがある、に違いない。そう、ヨカナーンは、言っているのではなかろうか。

「月が、見張っていてくれるのね?」

「……そう。きっと。だから……今宵は、何も起こらない」

(その見張り役は、あなたなの?それとも、ヨカナーン、もしかして、あなたが……?)

サロメの胸は、疑心を抱く。しかし、ヨカナーンの瞳は、サロメだけを見つめている。

(……彼ではない。ヨカナーンは、違う。)

子供の頃からの癖だった。嘘をついている時は、ヨカナーンの瞳は、(くう)を見る。誰も、気が付いていない、彼の癖──。

沸き上がっていた不審は、懐かしさに変り、サロメは、つい、ヨカナーンに寄り添っていた。

「寒いのか?その衣装では、仕方あるまい」

言い分けの様な言葉を発し、ヨカナーンは、サロメの体を包み込む。

その様子に、まあ……と、小さなつぶやきが発せられた事など、身を寄せながら、青白い月光に見入る二人は気付いていなかった。