二台の定音鼓(ティンパニ)は、争うように高音を叩きだし、颶風(ぐふう)のように激しく鳴り渡るシンバルの金属音は、サロメの気分を高揚させるに十分だった。

「七つのヴェールの踊り」は、クライマックスを迎えている。

サロメが、一気に体を反らし、足を蹴りあげると、ヴェールは瞬時に花開いた。

勢い、サロメの足は、太ももまで露になり、そして、身に付けている、ビーズに、コインに、腕輪が、シャラシャラと音を立てる。

揉立(もみた)てるように鳴り響く演奏と相まって、それは、男達の欲望を駆り立てる。サロメを見る双眸には、色情が浮かんでいた。

そんな、自身に寄せられる視線など、お構い無しで、サロメは、更に、身をくゆらせ、ヴェールをたなびかせた。

この中に、犯人は、いる。
仲間を手にかけた者が、いる。

舞いながらも、サロメは、集まっている男達の顔を目に焼き付けようとしていた。

と、ひときわ輝く、エメラルド色の瞳を見つけた。

(ああ、ヨカナーン、来てたのね)

パトロンの共として、やって来たのだろうか、その男──、貴族に従事(じゅうじ)る、竪琴(キタラ)奏者は、小さく口を動かした。

あ と で

男は、サロメにそう伝えて来た。

彼にも、積もる話があるのだろう。

そして、サロメも、館で起こっている事について、知っている事はないか問いたかった。

ゴーンと、銅鑼が鳴る。

これを合図に、最後の仕上げに取りかかる。

定音鼓(ティンパニ)と、シンバルが奏でるリズムは、段段と速度を増して、サロメの動きも、激しくなっていく。

大きく踏み出し、飛び上がる。動きに沿って、ヴェールがなびく。

シャラシャラと、装飾品が、音を立て、サロメの動きを際立てる。

両手は、宙を掻き、足先が、小鳩の様に飛び跳ねる。

重ねたヴェールは、夜気と共に広がって、一瞬、サロメの姿を隠してしまう。

そして、再び銅鑼の音──。

床に広がるヴェールと、共に、ひれ伏すサロメの姿がある。

舞は、終わった。

一瞬の間の後、広間には、割れんばかりの拍手が沸き起こった。