サロメは、出番を待っている。

広間の隣にある、控え室で、入念に、(まと)うヴェールの重なり具合を確かめる。

胸部には、ビーズとスパンコールで飾られた下着の様なトップスを身に付け、ドレープをたっぷり取ったヴェールを何枚も腰に巻き、コインが垂れる様に縫い止められた腰ベルトで押さえている。

肩から、全身を包み込むように、ヴェールを(まと)ってはいるが、サロメのはち切れんばかりの、豊満な身体(からだ)(らいん)は浮き出し、甘い密を求める者達(おとこたち)の視線を釘付けにするだろうと想像できた。

すべては、舞った時の、ヴェールの広がりを考えてのこと。動きの自由を効かせる為だった。

本来、身に付ける衣装と呼ぶものは、舞いの邪魔になりかねず、サロメは、あえて、ヴェールを重ね纏うだけという、手法を取っていた。

隣の広間から、マダムが客を煽るかの様に、物語っている声が流れてきた。

「まあ、さすが、マダムですね。お客様を惹き付けるのが、本当におじょうず!」

ヘロデアが、高揚気味に、マダムを称えた。

(この子は、何も、感じていないのかしら?)

館の下働き、特に、女達の身じたくを任せられているヘロデアこそ、殺人の発見者であるのに。

横目で、マダムに陶酔するヘロデアを見ながら、サロメは館で起こっている事を思う。

──女は決まって、ベッドの上で、喉元を切り裂かれる。

何一つ、抵抗した形跡がないというのだから、寝込んだ所を襲われているのだろう。

客を見送り、仕事を終えて、気の緩んだ女は何者かに……。

そして、朝の支度の為に、部屋を訪れたヘロデアに、非業の姿を発見される。

ヘロデアが、マダムに、口封じを兼ね、とりこまれているのは、間違いない。事実、館にいる者は、皆、何もなかった様に振る舞う事を強いられていた。

とはいえ、まだ幼さの残る、彼女は、本当に、何ともないのだろうか。

訪れた部屋で、いきなり無惨な女の姿を発見し、更には、血みどろのシーツを片付け、何事もなかった部屋に、(しつら)え直す。

作業するヘロデアは、心細さや、愚痴のひとつも、吐き出さない。

それだけ、マダムに、買収され、押さえこまれているのだろう。

この場所に、引き取られる()。まともな暮らしなどしていないはず。幼く見えようと、悪度胸が、備わっているのだろう。

「サロメ様!銅鑼が鳴りましたよ!」

ドアの向こうで、男達が、サロメを待っている。

ヴェールを軽くはためかせ、足さばきを確認したサロメは、広間へ続くドアへ向かった。