この娼館が、サロンと呼ばれる由縁になった、大広間には、あからさまには名前を出せない国の重鎮に、新興貴族に、と、様々な地位に立つ男達が、集まっていた。
 
互いに、初対面の振りをして、グラスを傾けあっているのだが、側では、それぞれ、淑女に挺した娼婦が控えている。

グラスの中で泡立つ果実酒(シャンパン)の、甘い香りと、男達が身に(まと)う、上品なコロンの香りの漂いに輪をかける様、女達の白粉の香りが被さると、広間は、浮き世を忘れさせるかのような、隠微な空気でむせかえった。

そして、古代の祭壇にみられるような紋章の意匠が刻み込まれた、両開きの大扉が開かれて、この館の女主(マダム)が、パトロンである伯爵に、うやうやしく導かれながら皆の前に姿を現した。

いつも通り、マダムは、これ以上ないほど山高に盛られたカツラに、青粉を振りかけ、色気の象徴とばかりにパッチ化粧を施している。

黒色(こくしょく)のベルベットで作られた、黒子(ほくろ)を付けるそれは、やや、時代ががっていた。

「ご機嫌よう、愛しい人」

「麗しの、我がマダム」

「我々の女神(ミューズ)

集まる男達に、お決まりのおべっかを振る舞われ、マダムは笑顔を絶やさない。隣では、こちらも、誰、とは名を呼べない、ただの、伯爵が、パトロン然として、その存在感を発っしていた。

「皆様、(わたくし)のサロンへ、ようこそ!」

その一声で、皆は、グラスを掲げ乾杯する。

一気に、広間は、熱を帯び、マダムが発する、次の言葉を待っていた。

「今宵の月は、どうでしょ?まるで、幾重にもヴェールを(まと)っているようだわ!見るものを、惑わせる、(ほの)かな光。そうして、それに導かれ、集まった可愛そうな子羊達よ。決して、手の届かない場所にある、月に、恋焦がれ……」

ゴォーンと、銅鑼が鳴る。

今宵の余興の始まりを知らせるそれは、特別なものが、待っているのだと、男達を震わせた。

──そう、かの舞姫が、現れる。

幾重にも、ヴェールを重ね、雲の合間から差し込む、月明かりのような、線の細さとは裏腹に、小鳩が飛び立つかのような大胆で、初々しい、あの舞い──。

「さあ、さあ、まずは、希代の踊り子、サロメの姿をご覧あれ!」