君を好きになった私は、君を好きになることができない

作品番号 1678452
最終更新 2022/09/16

君を好きになった私は、君を好きになることができない
真音/著
青春・恋愛

9ページ

総文字数/ 20,105

【初投稿】






紬高等学校に通う高校2年生の岡崎ひまり。
ひまりのクラスには、いわゆる『不思議ちゃん』な雰囲気を持つクラスメイト、川合優斗がいた。

ある日、音楽室の前を通りがかった時に聞こえてきたピアノのメロディーに魅了されていると、中から優斗が出てくる。
『不思議ちゃん』だと思っていた優斗と過ごしているうちお互い惹かれ合い付き合うが、それから1ヶ月が経ったある日、優斗が病気で亡くなったとホームルームで知らせを受ける。

深い悲しみに暮れていると、突如ひまりのクラスに白金翼という転校生がやってきた。
教室では静かで暗い印象を持つのに、ひまりの前ではただ明るく純粋な少年になる翼にひまりも最初は抵抗していたけれど、次第に自分が翼に惹かれていることに気づいていく。
優斗が遺した言葉で翼と付き合い始めるが、その裏には秘密が隠されていた。





【未完成作品です】



※たまに加筆・修正を行っているので、「前見たときとここが違う!」みたいなことがあるかもしれませんが、そういったところも楽しんでいただけると幸いです。

この作品のキーワード

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop