「ほげぇぇ!」
 突如あがった奇声に驚いて、電線で羽を休めていたカラス達が、夕刻の空に舞い上がった。
 場所は質屋 満々金の前。
 まばらにいる通行人達も、何事かと俺達を見ている。
 
 タクヤに手加減なしでケツを蹴られた。
 突然の衝撃に、思わず出た言葉が「ほげぇぇ」とは。俺は普段から、いつでも「ほ」を発声できるように、準備しているのだろうか。

「痛いわ! いきなり蹴るな!」

「うるさい! 笑ったくせに!」

「笑ってないだろ? やめろ!」

 二発目の蹴りを華麗にかわす。
 馬鹿め。もう、その軌道は見切った。何度も通じるか。と思っていたら、くるりと回転したタクヤから、鋭い蹴りがまた飛んできた。
 見事に股間に命中し、今度は声すら出せなくうずくまる。

「あ、ごめん。今のは痛いよね」

「………!」

 たしか、キックボクシングを習っていたとか、いないとか。死角からくる見事な蹴りだ。
 股間にダメージを受けると、お腹が痛くなる。
 男ならではの、この苦しみは、とても文章には出来ない。

 一緒に帰ってきた竜二さんが、俺達をみて溜め息をついている。

「タクヤよ。もう勘弁してやれよ。こいつだって、走り回ってたんだぜ」

 いつのまに俺達の名前を覚えたのだろう。
 随分と馴れ馴れしく話をするようになったものだ。

「ルイが働いてる店まで走って、土下座して無理やり来てもらったんだと。本当は、もっと時間がかかるはずだったんだぜ?」

「コウタ。まじ?」

「走らせたのは俺だが、ルイを説得したのは、こいつだよ。だからさぁ。もう蹴るなって」

 竜二さんが俺の肩を持ってくれたおかげで、一方的なスパーリングから解放される。

 俺も、この機会に何か言いたい。
 ものすごく感謝されるように、話を何十倍にも膨らましたい。
 だけど、お腹が……。お腹が痛い……。

「さて、オヤジに報告してくるわ。落ち着いたら、店に入れよ」

 入店は、俺のお腹待ちだと告げて、竜二さんはさっさと消えてしまう。

 十分経って、仲直りの握手を交わした俺達は、言われた通り店の中に入った。客は誰もおらず、あのヒキガエルみたいな爺さんと、竜二さんの二人だけだ。

「ご苦労様でした。大変怖い想いをさせてしまったようで、申し訳ありません」

 爺さんは帳場から降りてきて、頭をさげる。
 謝罪してくる者に対して、俺はいつも高圧的だ。

「ボディタッチの嵐だったわ! おしゃべりなんて、ほとんどしてねえよ! 聞いてた話と違うけど、どう責任とってくれるんだよ!」

 勢いよく啖呵をきると、腕を組み直した竜二さんが、じろりと俺を見た。

「と、タクヤがさっきまで言ってました」

「えええええ?」

 タクヤよ。俺はどんな時でも生き抜いてきた。
 過去も、これからもだ!

「遅くなりましたが、私は藤咲ノミと申します。お陰さまで信用は失わずにすみました。有り難う御座います。では、どうぞ報酬を選んで下さい」

 ノミの爺さんに促されて、俺達はパソコンの前に立つ。
 長かった。わずか数時間の出来事だが、徹夜して働いた時より疲れた。正直、次に頼まれたら絶対に断るだろう。

「選んでいいのか?」

 俺より頭一つ身長が低い、ノミの爺さんの顔を覗き込みながらたずねる。

「ええ、どうぞ」

「こ、これでもいいの?」

 指差したのは、一番スペックが高いパソコンだ。最初に値段を聞いた物より、遥かに高いだろう。

「どうぞ。どうぞ」

「後で返せとか言わない?」

「ふふふっ。大丈夫ですよ。そこも信用というやつです。随分と怖い目にあわせてしまったので、そのお詫びも込めてですよ」

 これは、良いものが手に入った。
 タクヤが上半身裸になって、頑張った甲斐があったというものだ。ゲームだけに使うには勿体無いスペックだ。

 竜二さんが、台車を押して来てパソコンをのせ始める。そんな気はしていたが、箱とかは無いようだ。
全て直置き、尚且つ作業が荒いので、パソコンが痛まないか心配になる。

「藤咲さん。マリアさんってご存知ですよね?」

 それまで、静にしていたタクヤが急に話し出した。

「マリア? ええ、知ってますよ。どうかしましたか?」

「マリアさんのお店で、買いたいものがあって……。ちゃんとお金を払いますので、連絡してもらえないでしょうか?」

 タクヤ。攻めるねぇ。
 今日一日で、全て終わらすつもりだと思った。

「連絡できますよ。でも、あそこはアダルト……。まあ、いいでしょう。少々お待ちください。ああ、それから、私の事は、ノミと呼んで下さいますか」

「分かりました。ノミさん。あれ、言いにくいな。ノミのオヤジさん! これでいいかな」

 そこは言いやすいように、と言って、ノミのオヤジは、背中を向けて携帯をいじり始める。竜二さんが台車を運び始めたので、俺は出口の扉を開けに走った。

「近くまで送ってやるよ。家どの辺だ?」

 さっきまで、ともに死線を潜り抜けてきたせいか、
この竜二という人との距離が随分と縮まった気がする。タクヤの家の場所を教えていいものか迷ったが、この人達は、俺達に危害を加えたりはしないだろうと、今は思える。

瓦町(かわらちょう)の電波塔知ってます? タクヤの家は、あの近く」

「オッケーわかるわ。あれ、マリアのとこ寄りたいのか?」

 ノミのオヤジが携帯に向けて、何か言っているのが竜二さんにも聞こえたのだろう。

「そうなんです。もし大丈夫なら、寄ってもらえますか?」

 タクヤはノミのオヤジの背中を見ながら答えた。
 マリアという爆乳短気な美人店員は、店を閉めると言って俺達を追い出した訳だから、もう居ないかも知れないのだ。

「マリアは店に居るとの事ですよ。お二人が今から行くと伝えておきました」

「うわ。ありがとうございます」

 タクヤの顔に花が咲いた。

 パソコンを載せて、黒いバンが出発する。
 ノミのオヤジは店先まで俺達を見送りに来てくれた。
 
 あ、そうだ。
 あの竜二さんにラリアットされていた、太いおっさんはどうなったのだろう。
 外国人の大男を見かけないから、まだ奥で監禁されているのかも。
 思えば怖い出来事だ。
 今は機嫌よく、俺達を送ってくれているが、怒らしてはいけない人達なのだ。
 タクヤの家まで教えてしまったのは、失敗だったかも知れない。
 まあでも、そこは信用しよう。約束を違えると、きっと信用を失うのだ。
 俺達の世界より、ノミのオヤジや、この竜二という人が住んでいる世界は信用が重いのだ。
 
 ただ、それだけのこと。
 無理な約束をしなければいい。
 約束したなら守ればいいのだ。

 マリアさんの店が見えてきた。
 これでゲームが手にはいれば、俺達の目標は達成だ。