タクヤは、ついに一線を越えた。

 星間飛行を可能とした彼に、もう誰も追い付く事は出来ないだろう。
 私は、前のタクヤが好きだった。
 仕事以外の時間は、自慰行為にふけっているタクヤが好きだった。

 ――なのに。

 ゾンビーゾンビー。

 まさかのゾンビ。

 大丈夫だよ。タクヤ。
 俺が最後の人間の友達として、盛大に見送ってやるからな!

「艦長に敬礼!!」

 俺がビシッと敬礼を決めると、タクヤが驚いて身を震わした。

「違う違う。後、うしろ」

 パッケージをひっくり返せとタクヤが言ってくる。
 裏を見てみると、ナース服を着た顔色の悪い女の子がいた。そこはゾンビもの。もちろんナース服は血だらけだ。

 ゲーム内の登場人物だろうか。
 長い銀髪、吸い込まれそうな大きな瞳。
 幼い顔立ちだが、大人に成りかけている表情が、なんともたまらない。血糊がなければ、もっと可愛く見えるだろう。

「タクヤくん。これだね? この子に会いたいんだね?」

「そうそう! 会える?」

「さあ、知らん。言っておくが、これは十八禁ゲームじゃないぞ。普通のMMOだ。って言っても分からないよな。つまり、例えこの子に会えたにせよ、この子はこれ以上脱がない。わかる? とっても健全なゲームだ。皆で遊ぶやつ。それで大丈夫?」

「大丈夫。その子を見た途端、ピンと来たから」

 銀髪の女性よ。可哀想に。
 君が魅力的だという前向き解釈で、すまんが、彼の息子が元気が出るように、少しだけ力を貸してくれないか?

「僕のパソコンで、できる?」

 タクヤの目がキラキラしている。
 オモチャをねだる子供のようだ。
 落ち着くんだタクヤよ。
 今、必要スペックを確認している所だ。

「さあ、どうだろう。ノートだよな? それだと、ちょっと厳しいかなぁ」

「いくらいるの?」

「うーん……。最高画質でプレイするなら、に、二十万? それぐらいはいるかな~」

 二十万。
 それは、課金中毒の俺や、オナニストのタクヤにとっては厳しい数字だ。
 
 お母さんは、よく言ってました。
 困った時のために貯金しときなさいと。
 お母さんは、今日、この日のために、口を酸っぱくして言っていたんだね。
 込み上げて来たよ。
 母の愛が、胸いっぱいに込み上げて来たよ!
 そして俺は叫ぶ!

「お母さ~ん! お母さ~ん! 俺が悪かったよ。お金貸して~!」
「ママ~! ママ~! 一生のお願い! お金貸して!」
「おかあ……って、タクヤのとこ、ママって呼んでるのか! そこはお母さんだろ!」
「うるさい! ママって呼んで何が悪い!」
「悪かないけど、何か腹が立つ」
「はあ? 何それ? てか、どうすんの? 買えないよ」
「ソフトは買えるだろ。今日はそれで我慢しろよ」

 タクヤと喧嘩していると、背中をトントンされているのに気がつく。
 タクヤ側からは、トントン妖怪の正体はもう見えているようで、イケメンが青ざめて硬直している。
 
 振り返るとやつがいた。
 皆さんご存知の美人店員。ただ、とても切れやすい。そして、根にもつタイプだという情報が、俺の元に届いている。

「お前ら、うるさい」

 ですよね。俺もそう思います。

「これは、どうやって使うのかな~とか、相談してたんですよ~。まだまだ勉強不足で、知識が追い付かなくて。特にこれなんか」

 そう言いながら、俺は適当な商品を指差す。

「それは、前と後に同時に突っ込むやつだ」

 美人店員は、形の整った赤い唇から卑猥な言葉を紡ぎ出す。だけど、眉一つ動かさない。
 俺は何を指差してしまったんだ? 聞き間違いじゃないよな?

「えっ? ど、同時? じゃ、じゃあこれは!?」

「それは、女が女を犯すためのパンツだ。立派なのが付いているだろ」

「なるほど! こんなパンツはいて通勤できないや~とか、冗談で言ってたんですよ。そうかそうか、お、女が、お……」

 だめだ、二秒ともたない。
 タクヤは石になってしまったようだ。ダッチワイフを見詰めたまま動かない。

「ごめんなさい。もう騒ぎません」

 頭を下げると、美人店員の胸元が目に飛び込んできた。
 情報を追加しておこう。
 切れやすく、根にもつタイプ。
 そして爆乳だと。

「お前ら、それを買うのか?」

 俺が持っているゾンビーゾンビーを見ながら、爆乳姉さんが言う。

「もちろん、買うつもりだけど?」

 突然、石化から解放されたタクヤが、食ってかからんばかりに反応する。
 俺が二秒でやられてしまったというのに、なんという闘志だろう。オナニストの本能が、オカズを守れと、タクヤに命じているかのようだ。
 
「それは、あまりお薦めしない。違うのにしたらどう?」

「いや。これがいい」

 タクヤは臨戦態勢だ。
 俺を庇うように前に立ちはだかった。
 しかし、爆乳姉さんは淡々と続ける。

「親切で言っているつもりだが、本当にいいんだね?」
「これでいいって言ってるだろ。てか、なんでそんな事を?」
「いや、それを買って行った奴らが、二度と店にこない。ただ、それだけさ」

 それは、あんたが恐いだけでは? と喉まで来ていたが、我慢して飲み込む。俺には、もう少し休憩が必要だ。タクヤ。しばらく耐えてくれ!

「で、どうするの? やっぱ買うの? 別にお前らがどうなろうが、知ったこっちゃないけど」

 大きなウエーブがついた髪を、くるくると指先で転がしながら、早く決めてくれという不遜な態度だ。
 忘れていたけど、客だぞ俺達は。
 こやつを注意する、上司的な存在は、ここにはおらんのか?
 タクヤは強く強く拳を握り締めて震えている。

「…………」

 タクヤダウン?
 タクヤダウン!?

「先に……」

 え? なんてタクヤ?
 本当にダウン!?

「……先に?」

 お姉さんが聞き返す。
 タクヤが大きく息を吸い込んだのが分かった。

「先にパソコンを買ってきます!!」

 タクヤ、ギブアッ~プ!!
 カン! カン! カ――ンッ!

 というか、その選択でいいと思う。
 遊べないなら、持っていても仕方がないもんな。
 素直に普通の電気屋さんに行こう。
 そこで、十年ローンを組んでもらえるか相談してみよう。きっと、五年ぐらいでパソコンって使えなくなると思うけど、残りの五年は、悟りの境地で乗りきってくれよな!
 
 ゾンビーゾンビーを棚に戻して、狭い通路を爆乳に当たらないように、すり抜ける。
 ここで、この爆乳地雷だけは踏んでは駄目だ。
 絶対に助からない。

「予約しとこうかな」

 タクヤが名残惜しそうに言う。
 別に大丈夫だろうと、俺は思ったが口には出さなかった。
 目の前でお預けってのは、結構辛い。
 子供みたいに、はしゃいでいたのを思い出して気の毒になった。
 今日も、彼の連勝記録はとまったままなのだ。

「あの、予約を……」
「無理。そんなシステムない」

 可哀想にタクヤ。
 ボロボロじゃないか。
 お姉さんもお姉さんだ。
 もうちょい、優しい受け答えがあってもいいと思う。

「この店と同じオーナーが、質屋をやってるから覗いてみれば? 質に入ったパソコンも置いていた気がする。闇だけど金も貸してくれるよ」

 これまた、物騒な提案を。

「ほれ、そこの名刺。一見(いちげん)さんお断りだから、マリアに聞いたと言えばいい」

「急に協力的になったな」

 矢面に立っていたタクヤに代わって、伝説の課金中毒者が目を覚ます。
 BGMを流しておくれよ! 今からこいつをぶっ倒す!

「それって、借金してこいって意味だよな。闇金紹介するって、何考えてんの? 次の給料日に、普通に買いにくるわい!」

「それで、いいと思うぞ。どうしてもすぐ欲しいって顔だから、教えてやっただけだ」

「ふん! やめとけって言ってたくせに、結局すすめとるじゃないか」

「はあ? それでも買うって言ったでしょ? もういいわ。頭が痛くなってきた。店閉めるわ。お前ら早く帰れ」

 ふん。勝ったな。
 爆乳モンスターは、尻尾を巻いて逃げ出し、そうそうに店を閉めるそうだ。
 今日は見逃してやろう。だが、次の給料日に必ず
お前を倒してやるからな。

 一時間後。
 俺達は、公園のベンチに腰かけていた。
 タクヤの手には、爆乳姉さんがくれた名刺が握られている。

「はあ……。どうしても、行ってみたいんだね~」

「……うん」

「質に入ってるやつなら、安いのが見つかるかもな」

「え? 一緒に行ってくれるの?」

「いくけど、借金はなしだ」

「わかってるよ。法外なんでしょ?」

「そういうこと。きっと借りたら人生破滅する」

「絶対に借りない。パソコンの値段だけ見に行く」

「よし。ではいきますか。その後で飯な」

「おう!」

 名刺の住所を見てみると、歩いて十分もあれば、たどり着けそうだ。

 質屋 満々金(まんまんきん)

 名前だけで、色々ぼったくられそうな気がするが、危なかったら即逃げてこよう。
 
 振り向けば、ビルの屋上から、カラスの大群が飛び立つところであった。