次の日。

 タクヤに連れられてやって来たのは、この辺りでは有名な電気街だった。どんよりとした空の下、数ブロックにまたがって、電化製品を扱う店がひしめき合っている。

 俺も数年前まではよく来ていた場所で、オンラインゲーム用にビデオカードを買い換えたり、普通の店では取り扱いしない商品を、探しまわったりしていた。
 疲れたらゲームセンターで少し遊んで、裏通りのエッチなDVD屋を冷やかして帰る。
 風呂にも入っていなさそうな、汚ならしい男どもしかいない街だったが、俺もその中に混じって、楽しく過ごした場所である。

「よかったら来てくださいね❤️」

 短いスカートのメイドさんが、チラシを手渡してくる。チラシには店の宣伝文句が色々書かれているが、正直、気になるのはそっちのほうじゃない。

「なんだか、エロくなったね~」

 少し風が吹けば、めくれてしまいそうなヒラヒラの布を盗み見しながら、俺は鼻の下を伸ばす。
 いつの間に、こんなにピンクな街になったのか。
 タクヤが電気街に来たのも分かる気がする。だって、コアなオカズが、探せば見つかりそうな気がするもの。

 途中の電車の中で聞いた話しでは、あるゲームソフトを買いたいらしい。それが、オンラインゲームのようなので、俺に付き合ってもらったと。
 
 確かにゲームだけ買っても、動かなきゃ意味がない。必要スペックしだいだが、パソコンごと買い換える必要があるかもしれない。
 その時の金銭的負担に、タクヤは耐えれるのだろうか? きっと耐えれない気がする。知っているよな?
 俺は貸さないぞ。貸す金がない。

 街の大通りを南に下って行くと、道路に面して大きな公園がある。その公園を斜めに横断していくと、目の前に古びたビルが現れた。
 
 10階建てぐらいだろうか。

 見上げると、何枚かの窓が割れているのがわかる。外壁は、灰で汚れたように真っ黒で、ご丁寧に、屋上の手摺にカラスの大群が陣取っていた。
  
 これ廃墟?

 ぽかーん、と口をあけて突っ立っていると、タクヤが颯爽と入り口をくぐって行く。
 俺も続けて入ろうとしたが、入り口に赤いペンキで汚い言葉が落書きしてあって、第一印象がすごく悪い。
 俺は、思わず後ろから声をかけた。

「おい! こんなとこに店なんてないだろ!」

「ある!!」

 背中越しだが、俺がびっくりする程の大声でタクヤが返事する。
 狭い通路はまっすぐに奥まで伸びていて、突き当たりに金属の扉が見えているだけだ。照明もついたり消えたり非常に落ち着かない。

「いや! ないって! あっても絶対合法じゃないって! 本当にここか? ちゃんと見えてるか?」

「ここに間違いない!!」

 と言って振り返ったタクヤの顔は、ちょっと、ひいてしまうぐらい酷く醜い形相だった。はっきり言うけど俺より不細工だ。

 いけない。
 ここは呪われたビルだったのだ。
 仲間が秒で悪魔にされてしまったぞ。

「もう憑依されとるじゃないか!」

「されてない!」

「いや! 駄目だって! 目が血走ってるって!」

 ビルの入り口から、中にいるタクヤと大声で言い合っていると、タクヤの後に見えていた、突き当たりの鉄の扉が、ふいに半分ほど開いた。
 ぬっと白い顔が、そこから滑り出す。
 おっ美人! と思うやいなや、

「お前ら、うるさい!」

 と怒られてしまった。
 まあまあの大人が、見ず知らずの他人に頭越しに叱られると、次にどうしていいのか分からなくなる。
 固まったままの俺たちに、怒るのが大好きな美人は、「客なら黙ってみていけ! ちっ」と言い放って、また扉の中に引っ込んでしまった。

 タクヤと身振り手振りで、数十秒間やりあったあと、遂に俺は敗北してビルの中に入った。

「お店あったね❤️」
 初めての告白をしている少女のように、俺は頬を薄紅色に染めて、タクヤに話しかけた。
 タクヤも大袈裟に首を縦に振り、俺の告白を受け止めてくれたようだ。

「ここ不定休だから、やっててよかった。てか、休みのほうが多いかも」

 タクヤの声は、少なからず興奮しているようだ。よっぽど嬉しかったのだろう。

「コアだなぁ。ここに店あるってよくわかったな」

「さっきの美人を駅で見かけて、ついていった」

 タクヤ君。
 それは犯罪ですよ……。

(オナニーばっかりしてるから、常識が欠落しとんじゃい! ニュースを観ろ! ニュースを!)

 大声で言ってやりたいとこだが、またあの美人に怒鳴られそうだ。さっさと用事をすませる事にしよう。

 客の侵入を阻む、やたら重い扉を開けて中に入ると、すぐ左手のカウンターに、さっきの美人が腰かけていた。
 カウンターにはレジが設けられていて、(こぶし)だい程の髑髏(どくろ)のオブジェクトが飾られている。それも二個だ。
 (あ、夫婦なんですね。恐いお姉さんといつも一緒で大変ですね。めっちゃ、痩せてはる(笑))
 
 その恐いお姉さんは、俺たちを一瞥しただけで、「いらっしゃいませ」とも言わない。
 どうやら根にもつタイプのようだ。

 気にせず奥に進んでいくと、頭にゴンゴン物体が当たる。避けても避けても次々出てくる。
 何が当たるのかといえば、天井から吊り下げている変なマスクなんだが、ちょっと設定が低すぎないか?

 これって、子供でも手が届く仕様ですか?
 だったら、右のケースに金属製の大人の玩具が置いてあるけど、教育上悪くないですか?
 それに向こうに見えてるのは、ひょっとして三角木馬さんじゃないですか?
 子供が間違って乗ったら、貴女は責任取れるんですか!
 また髑髏(どくろ)が置いてあるけど、今度は三つですか! 子供連れの髑髏さんですか!
 だから子供は駄目だって、何度も言ってますよね?
 もういいです! 勝手にさせて頂きます!

 あちこちに激しくツッコミを入れながら、ここがアダルトショップであることを確認していく。
 しかもマニア向けだ。そうとう濃い連中がやって来る店だ。

 ……その中の一人なんだね。タクヤくん。

 もう驚かない。もう驚かないよ。
 君はもう、メジャーリーグのスター選手や、一流芸能人と同じぐらい、俺の中ではヒーローなんだ。だから君の友達として、いちいち驚いていたら友達失格だよね。

「よし。ゲットー。コウタ、あったよ」

「ああ、ヒーロー。サインください」

 俺が物思いにふけっている内に、ヒーローは目的の品を手にしたようだった。

「ヒーロー?」

「いや、何でもない。ちょっと見せてくれ」

 タクヤから受け取ったパッケージには【ゾンビーゾンビー】と書かれている。

「なんだこれ、まったく知らない」

 オンラインゲームの新作がでれば、必ず目を通すようにはしている。でもこんなゲームは、まったく存在を知らなかった。
 
 ゾンビーゾンビー。

 洋ゲーか?

 パッケージには、リアルなゾンビが人間を襲っているシーンが描かれていて、なんだか気味が悪かった。