うさぎは何を見て跳ねるのか

作品番号 1676976
最終更新 2022/08/29

うさぎは何を見て跳ねるのか
青春・恋愛

75ページ

総文字数/ 85,120

あらすじ
高月 リツ花は<クラスいちの美少女>。

高嶺の花である彼女には、だれも近づけない雰囲気が漂っている。

うさぎの背中を撫でる白い指先。
視点がわからないような伏し目がちな視線。
流れるような黒い髪。

その姿を見た僕は自然と会話を紡ぎだす。
小屋で飼われているうさぎが僕たちの距離を近づけることになるなんて思わなかった。


そして、彼女の秘密に触れるとき、僕はある計画を実行に移すのだった……。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop