眼鏡を外すとき

作品番号 1676853
最終更新 2022/08/31

眼鏡を外すとき
青春・恋愛

11ページ

総文字数/ 124,429

ランクイン履歴:

総合:11位(2022/09/11)

青春・恋愛:2位(2022/09/11)

「好きな言葉は…無敵」

「座右の銘は…精神一到何事か成らざらん」

「友人は眼鏡仲間の二人」

「恋愛は少女漫画で充分」

極厚眼鏡をかけた黒髪ロングヘアでぱっつん前髪の鷹鳥なな子、16歳。高校一年生。

成績優秀で真面目に目立たず、地味に日々を過ごすなな子。

なな子の素顔は、親類以外は誰も知らない。

眼鏡を外した彼女の素顔は…

喧嘩が強い美少女


「隣りの席の鷹鳥!おまえは成績優秀だから香月に勉強教えてやれッ!」

担任のこの一言によって、なな子のルーティンのような日常生活は幕を閉じ、新たな章が幕を開けたー

これは、地味を徹する鷹鳥なな子と、少しヤンキー気質な目立つイケメンチャラ男の香月悠佑が化学反応を起こす、このラブコメディである。
あらすじ
極厚レンズの眼鏡をかけ、ぱっつん前髪黒髪ロングヘアで地味な装いをしている鷹鳥なな子、16歳。そんな彼女には隠れた素顔と才能があった。それは、すれ違う人皆が振り返る程の美人であり、ケンカが強いことだった。ある日なな子は、同じクラスで隣りの席のイケメンで少しヤンキー気質なチャラいモテ男である香月悠佑に、放課後勉強を教えるように担任から頼まれた。その日を境に、なな子の平凡な日々に地殻変動が起こって行く-

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:9

この作品をシェア

pagetop