奈良てっ!☆神鹿魍魎口伝☆

作品番号 1675712
最終更新 2022/09/24

奈良てっ!☆神鹿魍魎口伝☆
あやかし・和風ファンタジー

51ページ

総文字数/ 129,911

奈良に期待してはいけない。
楽しいのは奈良に着くまでだ。

人々から忘れられた土地には、いつの間にやら魑魅魍魎の類が住み着き魔都と化す。
今回、魔都化するのは奈良だ。
奈良なんて、ほっとけばいいのに一人の男が立ち上がった。
名を鹿目征十郎。
軽薄で信用できないが、歩きスマホはしない男。
神の使いである。


※奈良県への愛が爆発し、結果、ディスっております。
 
あらすじ
魔都化を阻止するために派遣された鹿目征十郎。
擬人化した法隆寺を倒せば魔都化は止まるのに、何故か、色んな用事を引き受ける羽目に……。
そもそも、この男。
奈良を救う気があるのだろうか。
どうにもやる気が感じられない。
行き当たりばったりの、ドタバタ劇が過ぎる。

要約しますと。
半径五キロを行ったり来たりの町規模です。
この物語は、間違いなく町規模です!!

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:1

この作品をシェア

pagetop